1. 振袖用語辞典
  2. 呉服全般 - 素材

振袖用語辞典:呉服全般 - 素材

用語 読み 説明
ウール 羊毛で仕立てられた着物地。冬用でも単衣仕立てにする。家庭着・お稽古着など日常着として用いる。
木綿 (もめん) 木綿糸で織られた生地。縞・格子・絣などを織り出した素朴な柄が特徴。普段着として用いる。
正絹 (しょうけん) 蚕の繭から取られた糸、またはその糸で織られた生地。光沢のある軽く柔らかいが、水に弱く日光による変色も起きやすい。
(つむぎ) 繭から糸をつむぐ途中で切れてしまったり、破けてしまった屑繭をより合わせた糸で仕立てた着物。一本糸ではない為織地に凹凸が出来る。
(あさ) 大麻・苧麻などの皮をはいで繊維をとり生地に仕立てる。耐水性に優れた、シャリ感のある風合いが特徴で、夏用の上布に用いられる。

呉服全般

<< 他ジャンルの用語カテゴリーを選択する