1. 振袖用語辞典
  2. 呉服全般 - 着物の種類

振袖用語辞典:呉服全般 - 着物の種類

用語 読み 説明
単衣 (ひとえ) 裏地を付けない着物。6・9月は縮緬・紬など厚地、7・8月は絽・紗など薄く透ける素材の単衣を着用する。
(ろ) 平織とからみ織を合わせて隙間を作って織られた生地。透ける素材なので、夏の着物に用いられる。
(あわせ) 表地に裏地を縫い合わせた着物。10月から翌年5月まで着用。女物は胴裏に八掛という別布が付けられている。

呉服全般

<< 他ジャンルの用語カテゴリーを選択する