1. 振袖用語辞典
  2. 呉服全般 - 着物の仕立て

振袖用語辞典:呉服全般 - 着物の仕立て

用語 読み 説明
仕立て (したて) 反物から着物を縫製すること。和裁士と呼ばれる専門技術者が、すべて手縫いで仕上げる。
仮絵羽 (かりえば) 仮縫いをした状態の着物。留袖・訪問着は、呉服店では全体の絵柄を確認するため、この状態で展示されることが多い。
反物 (たんもの) 幅36㎝、長さ110~120㎝の着物地。一反で着物一着が作れる。2反分の長さがあるものを疋物という。
比翼仕立て (ひよくじたて) 着物の衿・裾・立褄・袖口などに別布を縫い付け、着物を二枚重ねて着ているように見せる仕立て方。留袖はほとんどこの仕立てとなっている。
(ふき) 袖口や裾の裏地を表に出して折り返し、表から見えるように仕立てた部分。婚礼衣装は綿を入れた「ふき綿」仕立ての裾になっている。

呉服全般

<< 他ジャンルの用語カテゴリーを選択する