1. 振袖用語辞典
  2. 呉服全般 - 着物の分類

振袖用語辞典:呉服全般 - 着物の分類

用語 読み 説明
付け下げ (つけさげ) 訪問着の柄付けを簡素にしたもの。絵羽仕立てではないので、縫い目で柄が途切れている。茶席・披露宴・観劇など、幅広く着用できる。
喪服 (もふく) 告別式に着る礼装着物。男性は黒の五つ紋付羽織袴、女性は黒無地五つ紋付に黒の名古屋帯を着用するのが一般的。
小紋 (こもん) 反物全体に上下の別なく絵柄の入った着物。普段着用なので、式服には適さない。名古屋帯・半幅帯を合わせる。
打掛 (うちかけ) 室町期に女性が着用した小袖(着物の原型)の上に羽織るようにして着た(打ち掛けた)着物のこと。現在は婚礼衣装として使用される。
振袖 (ふりそで) 未婚女性の慶事の第一礼装。袖丈が長く、染めや絞り、箔押しなど多彩な技法で豪華な文様が描かれる。成人式や結婚式参列に用いる。
江戸小紋 (えどこもん) 細かい模様を繰り返した、単色染めの着物。江戸時代の武士の裃が発祥。鮫・行儀・角通しの三種は紋を付けると準礼装になる。
浴衣 (ゆかた) 夏用の単衣着物。湯帷子から派生しており、本来は湯上りに室内で着用した。現代では夏の簡易な着物として着用されている。
白無垢 (しろむく) 白一色の婚礼衣装。室町末期頃から儀式衣装として用いられる。神前挙式では綿帽子や角隠しを合わせる。
色無地 (いろむじ) 一色のみで染められた着物。五つ紋付であれば式服に、三つ紋付は準礼装となる。茶席・卒業式・授賞式などに用いられる。
色留袖 (いろとめそで) 留袖の地色が黒以外の色付きとなっているもの。黒留袖と同格。茶席・祝賀会・結婚式参列(親族)等に用いる。
袴(女性) (はかま) 腰から下を覆うキュロット状の着物。宮中の女性が履いていた袴がルーツで、現在は卒業式に振袖や色無地を合わせて着用される。
訪問着 (ほうもんぎ) 未婚・既婚女性の準礼装。肩、裾、袖に文様が描かれた豪華な柄付けが特徴。パーティーや結婚式参列に着用できる。
黒留袖 (くろとめそで) 既婚女性の慶事の第一礼装。黒地に裾模様、五つ紋付(染め抜き日向紋)、比翼仕立てとなっている。

呉服全般

<< 他ジャンルの用語カテゴリーを選択する