1. 振袖用語辞典
  2. 呉服全般 - 着物の履物

振袖用語辞典:呉服全般 - 着物の履物

用語 読み 説明
ぽっくり下駄 (ぽっくりげた) 台木をくりぬいて後ろ側を丸くした前のめり型の下駄。もとは舞妓や半玉の履物。現在は七五三女児や成人式、婚礼衣装にも用いられている。
下駄 (げた) 歯のある台木に鼻緒を付けた着物用の履物。歯には欅・樫・朴、台木には桐や杉が主に用いられる。
草履 (ぞうり) 着物用の履物の一種。平底台座に鼻緒が付く。布・革・ビニールなどの素材で作られ、正装用には佐賀錦が多く用いられる。
雨草履 (あまぞうり) 前部分にスリッパ状のカバーを付けた草履。荒天時、足袋が濡れたり泥跳ねが付着するのを防ぐ。
駒下駄 (こまげた) 台木に差し歯をせず、桐や椿の木をくりぬいて鼻緒を付けた、一木造りの下駄。接着技術の進歩により、現在ではあまり見られない。
高下駄 (たかげた) 歯の高い下駄のこと。差し歯のものを高下駄。くりぬきのものを高足駄というが、現在は総称して高下駄という。

呉服全般

<< 他ジャンルの用語カテゴリーを選択する