1. 上手な振袖選び
  2. メイクや着付けはどうする!?

振袖を着る当日のメイクや着付けは誰にお願いする?!

和装のヘアメイクアップ

いざ当日!振袖は用意したけれど…

さあ、当日着る振袖が決まりましたが、それだけではまだ終わりではありません。 当日の着付けやヘアメイクも、プロにお願いするのが安心です。

呉服店で振袖を購入したりレンタルした場合、そのお店でお願いすれば当日の着付けもカバーしてくれることがほとんどです。 結婚披露宴に招待された場合などは、着付けとメイクが必要な旨を前もって先方に知らせておけば、当日、会場でプロにやってもらえるサービスもあります。

困ったら美容のプロ「美容室」に相談

美容院などでレンタル契約した場合は、ヘアメイク、着付けなどはセットの場合がほとんどですし、写真館なども、着付けとヘアメイク担当のスタッフがいるか、近くの美容院と提携してサービスを行っているはずです。

着つけ、ヘアメイクに関しては、困ったら美容院に相談するのが最も確実で簡単です。 まずは懇意にしている美容院に尋ねてみましょう。 着付けとヘアメイクを予約する際は、当日の混み具合なども予想して、こちらの希望なども前もって伝えておくとよいかもしれません。 特に成人式などは、当日の美容院は朝から大忙しで、着付けやメイクは流れ作業のようになってしまうこともしばしばです。 当日、美容師さんに「ヘアメイクはどんな風にしましょう?」と聞かれた時、慌てたり、希望をうまく伝えられない、なんていうことにならないように、自分なりの理想の振袖姿をしっかり思い描いておきましょう。 完璧なヘアメイクで、全身コーディネイトをぜひ成功させてください。

出張着付け、出張ヘアメイク

また、この他には、電話やネットで予約できる出張の着付けやヘアメイクのサービスもあります。 このサービスは、基本料金のほかに、交通費などが加算される場合が多いようです。 やや割高にはなりますが、自宅や出先で落ち着いてサービスを受けられるという利点がありますので、近くであれば、利用してみるのも手です。

自身や好みがあるのならば自分自身でチャレンジ!

着付けは無理でも、ヘアやメイクは自分でしてみたい、という方もいらっしゃるかもしれません。 ヘアアレンジやメイクが得意な方なら、もちろんそれもアリです。 注意点は、当日着る振袖や帯のことを考えて、いつもよりぐっと華やかなヘアとメイクを心がけること。 振袖と帯はどんな色柄でも地味にはなり得ませんから、首から上だけが貧相に見えないように注意が必要です。 ヘアスタイルはうなじを見せたアップスタイルの方が、着物との相性が良く美しく見えますよ。 自分でヘアメイクを行う際は、振袖をレンタル又は購入したお店にその旨を伝え、必ず着付けをする前に終わらせておくようにしましょう。