1. 上手なふりそでえらび
  2. ママ振袖を今っぽコーデでアップデート♪

ママ振袖を今っぽコーデでアップデート♪

購入前に絶対チェック!振袖購入のメリット・デメリットと注意点
ママ振袖

お母さんの振袖を着る、ママ振袖が今トレンド!

母から娘へ振袖を受け継ぐ。
今トレンドなのが、お母さんが持っている振袖を着るママ振袖!工夫して今っぽいコーデにすれば、お金も節約できてバッチリきまるよ!
成人式の振袖準備の時にレンタルや購入を検討する前に、お母さんが振袖を持っている子はぜひ一度検討してみてね。
「昔の振袖だから今っぽくなくて変じゃないかな…」
「お母さんと体型が全然違うから、きれいに着こなせないかも…」
そんな心配はご無用です!小物を工夫したり、場合によってはサイズを直すなどすればきっと素敵な振袖姿が実現できるはず♪

▼写真の女の子はみんなママ振コーデだよ!

宅配振袖レンタルのイメージ

まずはよくママ振袖をチェック!クリーニングやサイズ直しは必要??

ママ振袖を着る前に、まずチェックしておきたいポイントがいくつかあるよ!
・汚れていないか
・破損していないか
・サイズはどうか
もしそのままで着られないようなら、クリーニングやサイズ直しをしましょう。
まずはその必要があるか、ママ振袖に対応してくれる呉服店に持ち込んでお店で判断してもらいましょう。

【参考リンク】My振袖ブログ「お振袖の準備OK!?意外と見落としがちな“アレ”

ママ振コーデにかかるお金の相場と、ママ振を着るために基本的に必要なこと

振袖はママのものを、そこに加える小物はレンタルか新しく購入、というスタイルが一般的。大体の目安として、ママ振袖にかかる費用の目安は11〜14万円程が相場。
ママ振袖でコーデするための費用の内訳はこんな感じ。
・必要があればクリーニング費やサイズ直し費用
・帯がなければレンタル費、もしくは購入費
・その他ショールや小物のレンタル費、もしくは購入費
・前撮りと成人式当日の着付けとヘアメイク費用
・前撮り写真撮影費用

必要な小物の例

・ショール・帯・半衿・重ね衿・帯揚げ・帯締め・草履・バッグ・足袋・長襦袢…などなど

変幻自在!?ママ振袖は小物やヘアメイクのトータルコーデで印象が変わるよ

振袖のすごいところは、コーデする帯や小物の色やデザイン、髪型やメイクを工夫することでがらっと雰囲気を変えることができるところ!それこそが、昔の振袖だって今っぽい着こなしができちゃうひみつ。
ママ振袖に合わせてなりたい振袖姿のイメージを実現しよう!チョイスする小物の色やデザイン、ヘアメイクがセンスの見せどころだよ。自分のイメージを伝えて振袖のプロであるお店のスタッフに相談しながら、あなただけのコーデをつくっちゃおう♪