1. 振袖用語辞典
  2. 振袖 - 振袖のリメイク

振袖用語辞典:振袖 - 振袖のリメイク

用語 読み 説明
リメイクとは 手縫い・直線断ちの着物は縫い目を解くことが容易なので、寸法直しだけでなく、洋服やバッグなどに作りかえることも出来る。
振切り (ふりきり) 既婚になってから、振袖の袂を切って訪問着に仕立て直すこと。柄付けによっては難しい場合もある。
ママ振袖 (ままふりそで) 母親の着た振袖を娘の成人式にも流用すること。寸法直しや染直しをしたり、小物で現代風にアレンジして着ることが多い。
姉振 (あねふり) 姉や従姉妹の購入した振袖を着ること。もしくはその振袖を指す。帯や小物、ヘアメイクで変化をつけて着ることが多い。
染め替え (そめかえ) 経年劣化で色があせたり、好みに合わない色の着物を染め直すこと。更生染、染め直しとも言う。
洗い張り (あらいはり) 着物の縫い糸をすべて解いて、反物にしてから水洗いする方法。仕立て直しが必要だが、傷んだ裏地や八掛を取り換えることも出来る。
仕立て直し (したてなおし) 寸法の合わない着物を直すこと。縫い代を出して寸法を長くしたり、帯で隠れる胴回り部分に別布を継いで着丈を長くすることも出来る。

振袖

<< 他ジャンルの用語カテゴリーを選択する