花嫁は結婚式で振袖を着られる?和装の結婚式について

和装での結婚式に憧れている女性も多いですが、ドレスに種類があるように和装にもバリエーションがあります。
中には成人式で着る振袖を、結婚式でも着たいと考えている人もいるかもしれません。
そんな人のために、花嫁のための和装の知っておくと役に立つ情報を紹介します。

和装の女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

結婚式で花嫁が着られる着物は?

一言で「和装」と言っても、花嫁しか着ることのできない着物があることをご存知ですか?
白無垢や色打掛は特に有名で、知っている人も多いはず。
これは古くからある代表的な格式高い婚礼衣装です。
それ以外にも、引き振袖という成人式で着るものとは一味違った婚礼用の振袖も存在しています。
和装というと少し地味な印象を持ってしまう人もいるかもしれませんが、
どれも洋装に負けない豪華で華やかな衣装になっています。
それぞれ魅力的な特徴があるので、ぜひ自分の好みに合った和装で結婚式を迎えてみてはどうでしょうか。

【花嫁の着物1】白無垢

和装の中でも、婚礼衣装として特に知られているのがこの白無垢です。
白無垢は最も格式の高いものとして、室町時代から着られていました。
邪気を払うと言われる白無垢ですが、その白い衣装には「嫁いだ家の色に染まる」という日本らしい意味もあります。

和装の婚礼衣裳は、羽織りものである打掛と下に着る掛下で構成されていますが、
白無垢は打掛、掛下に加えて小物類まですべて白で統一されているのが大きな特徴です。
一見白いだけに見えますが、縁起物や華やかな花などの豪華な柄が入っています。
素材や織り方によっても見え方が違うので、好みのデザインを探してみましょう。
また、現在では色掛下を選ぶ人も増え、自分に合った着こなしが楽しめるようになってきました。

【花嫁の着物2】色打掛

華やかで豪華なイメージのある色打掛は、結婚式のお色直しの衣装としても人気があります。
身内だけが参加する挙式は白無垢で披露宴は色打掛、と分けて着る場合もありますが、
現在では白無垢とほとんど同等の格式の高い衣装です。
そのため、挙式で色打掛を着ることも可能です。

色や柄のバリエーションが豊富で、選ぶ楽しみを一番味わえる衣装かもしれません。
最近では自分好みにアレンジをして着る花嫁も多くなっています。
背中に目を引く模様が施されているので、後ろ姿も素敵。
どこからでも参列者の目を楽しませることができます。

【花嫁の着物3】引き振袖

引き振袖とは、花嫁のための振袖のことです。
その名の通り裾を引きずって着るので「お引きずり」とも呼ばれ、
江戸時代に婚礼衣装として用いられていた正式な着物です。
中でも黒地の黒引き振袖は「他の誰にも染まらない」という意味が込められており、
引き振袖の中で最も格式が高いとされています。
黒留袖に仕立て直せることで選ぶ人が多い着物でしたが、今では昔ながらの上品なイメージに惹かれる人が増えてきました。
昔は黒引き袖しかありませんでしたが、戦後、次々とカラーバリエーションが出てきています。

引き振袖は、裾の長さを調節するために作る「おはしょり」がないのが特徴。
軽くて動きやすいところは花嫁にも嬉しいポイントです。
白無垢や色打掛と違って帯もしっかりと見えるので、着こなしも十分に楽しめます。
角隠しを合わせることが一般的ですが、洋髪も似合うのでアレンジの幅が広いのも人気の理由です。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

花嫁の和装は普通の着物と違う!

基本的に花嫁の和装は、普通の着物とはきちんと差別化されています。

まずは形ですが、普通の着物と比べて裾が長いのは一目瞭然。
ドレスのように引きずるスタイルは婚礼用ならではです。
「ふき」と呼ばれる裾のへり部分に綿を入れ、厚みを持たせた部分があるのも特徴です。
このふきには地面に擦れる着物の傷みや汚れを防いだり、身長を高く見せる効果があります。

また、綿帽子や角隠しは婚礼衣装にしか合わせることができない髪型です。
現在では着物に洋髪を合わせることも多いですが、花嫁にしかできない綿帽子や角隠しに憧れている人も少なくありません。
中でも綿帽子は白無垢でしか使用できないので、貴重な体験になるはずです。

合わせる小物が多いのも、花嫁の和装ならでは。
化粧ポーチとしてのはこせこ、お守りとしての懐剣、行く末に幸せがあるようにと意味を込めた扇子の末広、
花嫁衣装にのみ用いられる抱え帯など、特別なアイテムを合わせます。
それぞれきちんと意味があり、花嫁には欠かすことのできないものとなっています。

成人式の振袖を花嫁が着てもいい?

せっかく成人式で振袖を購入することになるのなら、ぜひ自分の結婚式でも着たいものです。
結婚式にふさわしい和装があることは分かっても、
普通の振袖を花嫁が着ても良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
成人式で着る振袖は中振袖と呼ばれるもので、婚礼衣装ではありません。
引きずる長い裾やふきがなく引き振袖とは違った仕立てになっているので、
結婚式では少し地味な印象になることもあります。

花嫁専用の小物を揃えたりおはしょりをなくして着ても問題はありませんが、
結婚式では参列者に振袖を着てくる人がいるかもしれません。
そうなると、誰が花嫁なのか分からなくなってしまう可能性も出てきてしまいます。

振袖を結婚式で着たいなら、引き振袖にリメイクするという手もあります。
裾を長くしたり比翼をつけたりしてくれるので、ガラリと印象を変えることが可能です。
花嫁専用の帯や小物も一緒に用意してくれることが多いので、上手に活用してください。
リメイク後は元どおりの振袖に戻してもらえるので安心です。
リメイクには時間がかかる場合もあるので、余裕を持って依頼するようにしましょう。

お色直しでも振袖は着られる

大切な振袖だからそのまま形を変えることなく参列者に披露したい、という人はいませんか?
それなら披露宴のお色直しで着るというのもひとつの方法です。
振袖自体に手を加えなくても、帯の生地や結び方を豪華にしたり、
髪型をより華やかにすることで花嫁らしく見せることができます。
事前に色々と試してみてください。

また、結婚式当日でなく結納で着るのも良いでしょう。
今では結納を省略する場合が増えてきてはいますが、本来は結婚をするにあたってとても大切な儀式です。
未婚女性の第一礼装である振袖は、厳粛な場である結納にふさわしい衣装なのです。
振袖を着る最後の機会としても、最適なのではないでしょうか。
華やかな衣装に場の空気も明るくなり、結納を素敵な時間にしてくれることでしょう。

振袖の購入は慎重に

これまで紹介してきたように、花嫁が結婚式で着る着物は成人式の振袖とは全く違うものです。
一般的に振袖は未婚の女性が着る正装ですが、既婚者になることはもちろん、
年齢を重ねても着づらくなってしまうということを覚えておかなくてはなりません。
振袖を着ることができるのは20代までと考える人も多く、そうなれば着る機会はグンと減ってしまうのではないでしょうか。

成人式で振袖を購入しようと思っている人は、
今後、どれくらい着用する機会があるのかよく考えてからにすることが大切です。
振袖は高額なので、1度しか着ないままでは割に合いません。
自分の結婚や年齢などで制限されてしまう前に、
結婚式のお呼ばれや初詣などで着るタイミングを作っていくと良いでしょう。

また、どうしても着る頻度が少なそうだと思うなら、レンタルを検討してみてください。
高価な振袖でも購入するより安くすみますし、その後のお手入れや保管について考えなくて良いのは大きなメリットです。
流行の柄を選ぶことができるのもレンタルならでは。

今後のこともよく考えて、自分の納得のいく方法で選ぶようにしましょう。

◆成人式・結婚式のための振袖情報・クチコミ―My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」