振袖が着られる年齢はいつまでなの?

振袖というと、成人式に着るものといったイメージを持っている人も多くいます。
しかし、振袖は成人式だけに着るものではありません。
振袖は何歳まで着ていていいのでしょうか。
今回は、振袖とはどのような着物なのか、また着られる年齢はといったことについて解説してきます。

振袖の女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

そもそも振袖ってどんな着物なの?

振袖というと成人式というイメージを持っている人も多いでしょうが、
振袖は未婚の女性が着る着物で、未婚女性の正装と言われています。
もともとは、若い女性や元服前の男の子が着るもので、大人になったら袖を短くし振りを縫うのが慣わしでしたが、
次第に女性だけのものになり、現在の「未婚女性の正装」という形に落ち着きました。
未婚の女性が着る着物の中で最も格が高いのが振袖で、ほかの着物と比べて袖が長いのが特徴になっているのです。
一般的には華やかで若々しいデザインのものが多く、成人式や花嫁衣裳、または結婚式に参列する際の衣装といった、
フォーマルな場所や晴れの場で着られることが多いという特徴があります。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖の種類について

一口に振袖と言っても、種類があります。
振袖は袖の長さによって種類が違い、そのフォーマル度が変わります。

ひとつ目は大振袖です。
こちらは、袖の長さが104cm~120cmと振袖の中ではもっとも長く、格式も高いものになっています。
大振袖を着ると、袖がくるぶしの辺りまでくるようになっているので、その袖の長さがよくわかるでしょう。
昔は花嫁衣装などの特別な場面でしか着ることのない格式の高い着物でしたが、
現在では成人式で着る人も多くなっているのが特徴です。
大振袖は、裾を引きずるように着付けることから、引き振袖やお引きずりなどとも呼ばれています。

次は、中振袖です。
中振袖は袖の長さが100cm前後で振袖の中ではちょうど真ん中ぐらいの袖の長さになっています。
成人式に着る振袖として主流でしたが、現在ではあまり大振袖と区別されなくなってきているようです。
また、結婚式に呼ばれた場合に着る振袖としても選ばれています。
特に結婚式で花嫁が大振袖を着るといった場合には、
衣装が被らないように中振袖を選ぶのがマナーだと言われているのです。

最後は、小振袖です。
小振袖は、袖の長さが60cm~85cm程度のものになっています。
小振袖を着ると、袖は膝辺りまでくるため袴やブーツなどとも合わせやすいという特徴があります。
そのため、卒業式に袴と合わせて着るという人が多いのが小振袖です。
振袖の中ではカジュアルなのが特徴で、フォーマル度が一番低くなっています。

振袖には年齢制限がある?

未婚女性の正装とは言っても、振袖は若い子のものといったイメージを持っている人も多くいます。
そのため、年齢制限があると思っている人も少なくありませんし、
振袖は何歳まで着ていいのかわからなくて悩んでいるという人もいるでしょう。
振袖は未婚女性の正装ですから、結婚をしていないのなら30代で着ても構いません。
しかし、実際には20代までという意見もあります。
これは、未婚=20代というようなイメージがついている影響もあるでしょう。
また、振袖の色や柄は若々しいものが多くあり、30代以上が着ると幼くなってしまうという危険性もあるのです。
落ち着いた色や柄のものであるのなら、30代以上でも着ることができるでしょうが、
成人式で着るような派手なものや若々しいものは避けた方が無難です。
現在では晩婚化が進み、30代でも未婚という人が増えていますから、
色柄や着こなしに気を付けるのなら30代でもOKという意見もあります。
ただし、地域や人によっては30代なのに振袖はどうなのか、というように歓迎しない人もいますので、
結婚式にゲストとして呼ばれて振袖を着ていこうか悩んでいるという場合には、周囲の人に聞いてみるといいでしょう。

30代以上で振袖を着たい場合は?

30代で振袖を着たいという場合には、着こなしに気を付ける必要があります。
まず、派手すぎる振袖や若すぎる色柄、着こなしはしないようにしましょう。
10代のころや成人式のために誂えたような振袖だと、色柄などが若すぎて幼くなってしまう危険性があります。
ですので、30代で振袖を着たいのなら、落ち着いた色や柄のもの、品がある振袖を選ぶようにした方が無難です。
振袖に合わせる髪型や小物、帯などの選び方にも気をつけましょう。
全体的に落ち着いた雰囲気にすると、振袖を着ていても年相応に見えて好印象を与えることができます。

不安な人は訪問着という選択肢も

30代で振袖を着るのが不安、浮いて見えるのではないかと思っている人も多くいます。
けれども、着物を着たいという場合には、訪問着という選択肢もあります。
友人や会社関係の人の結婚式であるのなら、訪問着を着て行ってもいいでしょう。
訪問着は、未婚・既婚問わずに着ることのできる略礼装着です。
ですので、未婚であっても着て構いませんし、留袖に次いで格式の高い着物ですから、
友人の結婚式などなら着て行っても問題はありません。
ただし、親族ということなら訪問着ではなくより格式の高い留袖を選んだ方が無難でしょう。
また、訪問着を着る場合には花嫁よりも目立たないように色味を押さえるのも重要ですから、
色や柄を落ち着いたものにするなどといった点に注意してください。
30代なのに振袖はどうなのか、というような意識が強い地域なら訪問着を着ていくのも選択肢の一つですので、
どうしても着物がいいという場合には検討してみましょう。

結婚式に振袖で出席するときの注意点

結婚式のゲストとして振袖を着ていきたいという場合には、注意点がいくつかあります。
まずは色味です。
振袖の場合は黒地のものは避けるようにした方がいいでしょう。
両家の親族などは黒留袖を着ていることが多いので、親族と被らないように黒地の振袖は避けた方が無難です。
また、これは振袖やドレスに限らず言えることなのですが、花嫁と色や柄が被らないようにすることも重要です。
結婚式は花嫁が主役ですから、花嫁よりも目立つようなものや同じような色、柄のものはNGとされています。
ドレスなどと違いクリーム色などを神経質に避ける必要はありませんが、
花嫁がお色直しで振袖や色打掛を着るという場合には気を遣うことが求められます。
同じ色や同じ柄のものを着てしまうと、失礼に当たりますから、
振袖を着る場合には前もって花嫁や親族に確認を取っておくといいでしょう。
次に振袖の種類にも気を付けることが重要です。
振袖には、3つの種類があると紹介しましたが、その中でも大振袖を着ていくのは避けた方がいいでしょう。
もともと大振袖は、花嫁などが着る特別な振袖とされてきました。
ですので、結婚式のゲストとして呼ばれた場合に大振袖を着ていくのは、マナー違反と思われてしまう可能性があります。
花嫁が大振袖を着るという場合もありますから、大振袖は避けて中振袖を着ていくようにしましょう。

レンタルという選択肢も

このように、30代でも振袖を着ることは可能です。
しかし、年齢的にためらいがあるという人も多いでしょうから、そのような場合には訪問着などを選ぶといいでしょう。
振袖は、人によっては成人式後に一度も着る機会がないという場合も多くなっています。
振袖は高価なものですから、成人式一回切りのために購入するというのはもったいないでしょう。
ですので、結婚式などで振袖を着る予定がない人は、購入するのではなくレンタルを利用した方がお得です。
レンタルにも、さまざまな色や柄の振袖がありますから、
一回切りしか着ないという場合には、レンタルという選択肢も検討してみましょう。

◆あなたの成人式を彩る振袖探しはMy振袖ドットコムで◆

あなたのための振袖探し「My振袖」