振袖にはショートが似合う!おすすめヘアアレンジ集

成人式で振袖を着る場合に、ショートヘアでは振袖に似合わないと悩んでいる人も多いでしょう。
しかし実は、ショートヘアは振袖に似合う髪型なのです。
今回は、ショートヘアと振袖を合わせるときのポイントやおすすめの髪型などについて詳しく解説していきます。

振袖ショートの女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

ショートヘアは振袖に似合う髪型!

振袖を着る場合に、ロングヘアでなければいけない、髪が短かったら似合わないと思っている人も少なくありません。
また、ばっさりと切ってしまいたいけれども、成人式があるしと我慢している人もいるでしょう。
たしかに振袖にはロングヘアをアップにするといったスタイルが主流というイメージがありますし、
長い方がヘアスタイルのバリエーションも広がります。
そのため、成人式で振袖を着るために髪を伸ばしているという人も多くいるでしょう。
しかし、ショートヘアが振袖に似合わないなどということは決してなく、
逆にショートヘアは振袖にとてもよく似合う髪型なのです。
ロングヘアのように豪華なアップスタイルにするといったようなアレンジをすることはできませんが、
ショートだからこそ楽しめる髪型というものも存在しますし、可愛らしく華やかにアレンジすることもできます。
もちろんシンプルでクールなスタイルにもできますので、好みに合わせてスタイリングを変えて、
自分にぴったりの雰囲気にすることができるのです。
ただし、ショートヘアといっても普段のスタイルのように何もしない状態では地味になってしまいます。
ですので、振袖に合わせるのなら髪飾りをつけたりショートでもできるアレンジをするなど、工夫する必要があります。
シンプルにする場合にも、着物に合うようにしっかりとワックスなどでスタイリングすることが望ましいでしょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖に合うショートの髪型カタログ

ショートヘアは、普段ならスポーティーな雰囲気やキュートな雰囲気、クールな雰囲気など
さまざまな印象にすることができる髪型として人気が高くなっていますが、
その反面なかなかアレンジしにくく、
一度切ってしまうとワンパターンになってしまうというような悩みを持っている人もいるでしょう。
また、ロングヘアよりもアレンジの幅が狭いので、振袖と合わせる場合には少し地味に見えると思っていて、
ショートヘアでの振袖にためらいを持っている人も少なくありません。
しかし、ショートヘアはアレンジ次第ではがらりと雰囲気が変わって、
振袖にぴったりの髪型に変身させることができるのです。
髪が短かったとしても、雰囲気を変えるためのアレンジ術は数多くあります。
けれども、やはり振袖にはロングヘアというイメージが強くて、
振袖とショートヘアのアレンジ方法が思い浮かばないという人も多くいます。
振袖に合うようなショートヘアのイメージが湧かないという人もいるでしょうから、
ここではショートヘアならではのアレンジ術について紹介していきます。
振袖に合う髪型やアレンジ方法をいくつか紹介していきますので、
ショートヘアで振袖を着たいと思っている人は参考にしてみてください。

その1.耳かけアップ

耳かけアップスタイルは、ショートヘアで振袖を着る方には非常に人気が高く、王道と言ってもいいヘアスタイルです。
どちらかのサイドの髪を耳にかけて、反対側をボリュームがでるようにスタイリングします。
こうすることで、ショートでも髪がぺたんとならずにボリュームが出て華やかで可愛らしく見えるようになるのです。
着物にも負けないヘアスタイルにすることができますし、
髪色によっては大人っぽくもキュートにも見せることができるでしょう。
ゆるふわなパーマなどをかけていればふんわりとした柔らかさも演出することができますし、
それぞれの髪質や前髪の長さなどによってさまざまな雰囲気にすることができるので、
同じような髪型でも人によってはまったく雰囲気が違ってきます。
そのような点からも人気が高くなっている髪型です。
また、耳にかけている側に髪飾りなどをつけることで、更に華やかさが増します。
髪飾りは大ぶりなものを選ぶようにすると、より振袖に似合うヘアスタイルに仕上げることができるでしょう。
耳かけアップは、ショートヘアやボブスタイルの人なら問題なくスタイリングすることができます。
しかし、ベリーショートなどのようにサイドが短く耳にかけられないというような人には、
難しくなっていますので注意してください。

その2.サイド編み込み

ロングヘアでは定番のアレンジとして人気がある編み込みですが、
ショートヘアではできないと諦めている人もたくさんいます。
しかし、髪の長さにもよりますが、長めのショートヘアなら編み込みを入れてアレンジすることも可能になっています。
サイドや前髪などを編み込むことで、ショートであっても振袖に似合うスタイルにすることができるのです。
しっかりと編み込むことでキチンと感を出して大人っぽく見せたり、
ルーズに編み込むことでゆるっとした可愛らしさを演出するなど、
振袖の雰囲気に合わせたり好みの雰囲気を演出したりということも可能ですから、
編み込めるぐらいの長さならチャレンジしてみるといいでしょう。
ただし、ショートヘアでルーズに編み込みをする場合には、少し髪型が崩れやすいという特徴があるので気をつけましょう。
振袖姿ですから、激しく動くということもないでしょうが、きっちりと編み込むよりも崩れやすくはなりますので、
あまり髪を触ったりしない、頭を激しく動かさないなど少し注意をする必要があります。
髪の長さが足りないけれども編み込みをしたいという人もいるでしょう。
地毛で編み込みができないという場合には、つけ毛を使うという方法を試してみるといいでしょう。
編み込みをしたつけ毛をピンで地毛につけるなど、お手軽に編み込みスタイルを楽しむこともできますから、
着付けやスタイリングしてもらう美容室に相談してみてください。

その3.大きめ髪飾り

ヘアスタイルはシンプルにまとめたい、髪が短すぎてサイドアップや編み込みが難しいという場合には、
大きめの髪飾りやカチューシャをつけるという方法もあります。
シンプルな髪型の場合には、小さな髪飾りやあまり印象に残らないようなシンプルすぎる髪飾りだと、
地味に見えてしまったり着物に負けてしまったりというようなこともあります。
その点、大きな髪飾りはそれだけで印象に残りますから、
大ぶりな髪飾りを使うだけでシンプルなショートヘアも雰囲気が変わり、華やかなアレンジに仕上がるのです。
大ぶりで派手なコサージュなどがワンポイントであるだけで、
地味になることもなく全体的に明るく華やかな印象に見せることが可能になりますから、
髪型がシンプルな場合にはできるだけ大きめで、人目を引くような髪飾りを使ってみてください。
サイドにワンポイントで大きめの髪飾りをつければ顔周りが華やかになりますし、
耳まで隠れるような髪飾りなら小顔に見せるという効果もあります。
それだけで主役になれるような大きな飾りがついたカチューシャなどをつければ、インパクトも抜群です。
普段ならちょっと派手すぎるというような髪飾りでも、
振袖と合わせればとても可愛らしく印象に残るスタイルにできるので、
大きめな髪飾りでアレンジしてみてください。

その4.アップ風

ショートヘアでもアップ風に見せることはできます。
振袖といえばアップスタイルというイメージを持っている人も多いでしょうし、
定番のスタイルとして憧れている人も多いでしょう。
でも、ショートヘアだからと諦める人も少なくありません。
たしかに、ロングヘアのようにボリュームのあるアップスタイルにすることは難しくなっていますが、
襟足に髪飾りをつけることによってアップ風に見せることは可能ですから諦めずに、美容師に相談してみましょう。
襟足にうまく髪飾りをつけるだけで、まるで髪をまとめてアップにしているように見えるので、
ショートヘアでまとめる髪がないという場合でも問題なくアップ風にすることができます。
アップに見せるためには、髪飾りのつけ方が重要になりますから、
しっかりとアップ風にしたいと伝えてスタイリングしてもらうといいでしょう。
上手にアップ風に見せることができれば、ショートヘアだとは思えないほどに豪華な髪型になれます。
また、襟足が2~3cmあるのならアップにすることができる場合もありますので、
ミディアムショートなど襟足がある程度ある場合には、アップにできるかどうか相談してみてください。
ギリギリ結べるくらいの髪の長さなら、編み込みからのアップヘアなどもできます。
この場合も、襟足付近に髪飾りをつければ華やかでボリュームある髪型に見せられるでしょう。

その5.ハーフアップ

耳のあたりから上の髪をまとめるハーフアップですが、
こちらも編み込みや三つ編みと合わせてスタイリングするなど人気のアレンジになっています。
しかし、ある程度の髪の長さがないとできないと思っている人も多く、
ショートヘアでは出来ないと諦めている人も多いでしょう。
けれども、諦める必要はありません。
実は、ハーフアップはショートヘアでもすることができるのです。
ベリーショートのように短すぎる場合にはできませんが、
ショートからミディアムぐらいの長さならハーフアップすることが可能ですから、
美容師にハーフアップにスタイリングしてほしいと伝えてみましょう。
ハーフアップは小顔効果もあるヘアスタイルですから、
少しでも小顔に見せたいという人にも人気の高いスタイルになっています。
ボブぐらいの髪型なら、三つ編み×ハーフアップというような可愛らしい髪型も可能ですし、
お団子風にすることもできます。
ゆるっとまとめて清楚系のアレンジにするなど、比較的アレンジ方法が多くて、
ショートヘアでもさまざまなスタイルにすることができるのが特徴です。
髪を結んだ部分に髪飾りをつければ華やかさが増すでしょう。
髪が短くて結ぶことができないという場合には、
サイドを耳の上あたりでピンで留めるだけでもハーフアップ風に見せることは可能ですから、
ちょっと髪の長さが足りないという場合にはチャレンジしてみてください。

その6.シンプル

ベリーショートで、サイドアップや編み込みなどのアレンジができないという場合もあるでしょう。
短すぎると、髪をまとめたりアップにしたりということはできないので、
アレンジの幅が少なくなってしまうのは事実なのですが、それでも振袖にぴったりの髪型にすることは可能です。
ベリーショートの場合には、毛先にワックスなどをつけて髪に動きを出してみたり、
逆にワックスで毛先までカッチリと整えてみたりすると、
シンプルでも地味にならずに、振袖に負けない印象的な髪型にすることができます。
また、髪の短さを利用して、クールでマニッシュなスタイリングにしてみるのも一つの方法です。
撫でつけるようにタイトにまとめるとクールでかっこいい大人の女性といったスタイルになるでしょう。
前髪をぱっつんにして、日本人形風にするなどのスタイルも一定の人気がありますし、
髪色を派手にして振袖との対比を演出するといったことも可能です。
その他にも、髪飾りでワンポイントを添えてみるなど、
ベリーショートならベリーショートならではのスタイリングは多数あります。
ベリーショートのようなシンプルな髪型の場合には、それに合わせて振袖も大人っぽくシンプルにする、
または、モード系の振袖を着て毛先を遊ばせたり髪色を派手にしたりと、
上級者の着こなしをしてみるといったことをすると、ヘアスタイルと振袖がマッチするので印象に残るでしょう。

ショートアレンジで振袖美人に

このように、ショートヘアでも、髪飾りを使ったり編み込みなどをしたりすることで、
さまざまなヘアスタイルにすることが可能です。
振袖にはロングヘアと思っている人も多いでしょうが、
ショートヘアならではのアレンジやヘアスタイルも数多くありますから、髪が短くてもなんら問題はありません。
髪が短いからアレンジできなくて残念、などと思う必要はないのです。
ショートヘアだからこそ、髪色や派手な髪飾りで遊んでみたり、モードでおしゃれに見せたりということも可能になります。
ですので、短いからと諦めずに色々なアレンジ方法を探してみてください。
自分ではよくわからないという場合には、
美容師に振袖を着るのでショートヘアでもできるヘアアレンジを教えてほしいと相談してみると、
色々教えてもらえるはずです。
ショートだからとヘアアレンジを諦めずに、ショートヘアにしかできないスタイルを楽しんで振袖を着こなしましょう。

◆振袖ショップの口コミ情報サイトMy振袖ドットコムはこちらへ◆

あなたのための振袖探し「My振袖」