卒業式は袴が正当?振袖だけはおかしいの?

大学や専門学校などの卒業式の場合、和装で出席するという女性も多いでしょう。
しかし和装と言ってもいろんな種類があります。
一般的に多く見られるのは袴ですが、せっかくなら鮮やかで格式の高い振袖を着たいという人もいるでしょう。
では卒業式という場面に振袖は合っていると言えるのでしょうか?
またなぜ袴の人が多く見られるのか、その理由も解説していきます。

卒業式

           あなたのための振袖選び「My振袖」

卒業式に袴を履くのはなぜ?

「卒業式といえば袴」と言われるほど、卒業式の礼装として定着されている和装が袴です。
学生はもちろんのこと、教職員の女性たちも身につけている姿が多々見られます。
ではなぜ袴がこれほどまでに定着しているのでしょうか?

袴というのは平安時代から存在し、宮廷に仕えていた女性たちが十二単の一部として身につけていました。
それから明治時代となって洋風文化が取り入れられるようになってきた日本ですが、
当時はまだまだ和装を着る人も多く、袴は女学生たちの制服として採用されていたのです。
そのため学問の場には袴という考え方が定着するようになり、
機能性と優美さを兼ね備えた礼装として扱われるようになりました。
卒業式に袴を選ぶのはこの名残だと言われています。

また当時は現代のように、女性が学問を学ぶというのは当たり前の時代ではありませんでした。
特に高等学校への進学率は低かったため、袴を履いて学べるというのは女学生の特権だったのです。
警察官が警察服を着ているのと同じように、女性が袴を履いているのは「女学生」という身分の象徴でした。
それだけ袴というのは、学問と強く結びついていたのです。

もちろん現代でもこの袴の文化が人気を集めているのは、歴史に由来していることだけが理由ではありません。
袴の形はそのままですが、現代の袴は色鮮やかで柄にも様々なものがあります。
そのファッション性から女性たちは好んで卒業式に履いているのです。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖だけでもおかしくない

卒業式に袴を履いている人が多いのは事実ですが、だからと言って袴でなければならないというわけではありません。
同じ和装である振袖も卒業式で着てもおかしいことはないのです。
では学問との結びつきがない振袖を、なぜ卒業式で着ても良いのか、
その理由と振袖ならではのメリットをいくつか紹介します。

まずは振袖が正礼装だからという理由です。
改まった場に出るときには、その場に合った服装で参加するのがマナーとなりますが、
卒業式もフォーマルな格好で参加すべき1つの式典です。
学生たちが学校を卒業し、新たな一歩を踏み出すための大切な儀式なのです。
未婚女性にとって振袖は、もっとも格式が高い第一礼装なので、卒業式に着るにはふさわしい礼装だと言われています。

次にハレの日に相応しい華やかさがあるということです。
様々な儀式がある中でも、卒業式はお祝い事の1つです。
そんなハレの日にシンプルすぎる衣装では、少々寂しさを感じさせてしまうでしょう。
しかし振袖は袴とは違い、足元までしっかり柄があるものが多く、帯の結び方などで華やかさも演出できます。
袴も同じ和装だと言っても、第一礼装の振袖とでは華やかさも品格も違います。
だからこそ一生に一度の記念となる卒業式にはうってつけの衣装だと言えるでしょう。

袴を合わせるときの着物は?

袴には様々な色がありますが、そのほとんどが無地です。
そんな袴に対してどのような着物を合わせたら良いのかと頭を悩ませている人もいるでしょう。
実は合わせる着物には基本的に決まりがありません。
振袖に合わせても良いですし、訪問着などの略礼装に合わせても問題ないのです。
もしも自宅に着物があるという場合には、それに合わせて袴の色を決めると良いでしょう。

着物選びの際に色やデザインを重要視してしまう人も多いのですが、
それ以外に着目すべき点として挙げられるのは振袖の種類です。
振袖と一言に言っても、大きく3つの種類に分けられるので、どれを袴と合わせるかも考えなければならないのです。

まずは大振袖です。
袖の長さが115センチ程度あり、振袖の中でも最も格式が高い種類となります。
そのため結婚式で花嫁が着ることも珍しくはありません。
そんな第一礼装の中でも特に高位の衣装ということから、大振袖を袴に合わせるという人は少ない傾向にあります。
また袖が長いので引きずりやすく、気づいたら汚れていたというようなことも多々あるので、
もしも大振袖を着る場合には注意が必要です。

次に中振袖ですが、これは袖の長さが100センチ程度あります。
長さのバランスが良く、華やかさも感じられるということから一般的に多く選ばれているタイプだと言えるでしょう。

最後に小振袖ですが、袖の長さは85センチ程度です。
袖が短い分動きやすいということから卒業式でも人気の高いタイプとなっています。

このように3種類の振袖がありますが、一般的に袴と合わせることが多いのは中振袖と小振袖です。
フルセットのレンタルをする場合でも、このタイプになっていることが多いでしょう。

足元はブーツ?それとも草履?

普段着ることがない和装の場合、衣装選びに困るのは着物だけではありませんよね。
足元をどうするのかも重要になってくるのですが、どのように選んでいけば良いのかも解説していきます。

まず着物に合わせる履物として草履とブーツがあります。
それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

草履は足元をスッキリ見せるので、上品で古風な印象を与えます。
鼻緒の柄や色でオシャレができますし、歩幅を広くして歩けない着物にはピッタリの履物だと言えるでしょう。
しかし履き慣れていないと歩きにくい上に、鼻緒ずれを起こしやすく、
雨や雪への対策ができないというようなデメリットもあります。

そしてブーツですが、オシャレでカッコイイ印象を与えます。
黒が一般的なのですらっとした足長効果も期待でき、雨や雪でも安心して履けます。
しかし足首よりも少し長いくらいになるので履きづらく、紐を結ぶ手間もあるというデメリットがあります。

このようにそれぞれにメリットとデメリットがあるので、
履物を選ぶ際にはそれぞれの特徴をきちんと理解しておくことが大切です。

袴にはブーツ、振袖には草履というのが一般的ですが、
袴の人が草履を履いても問題はありませんし、逆に振袖の人がブーツを履いても大丈夫です。
「振袖にブーツを合わせるのはおかしい」という人もいますが、
雪国の成人式では振袖に長靴やブーツを合わせるのが一般的になっていることもあり、
現代では振袖+ブーツという組み合わせも受け入れられつつあります。

そもそもブーツというのは洋風文化のものです。
和装になぜ洋風の履物を取り入れるようになったのかという由来ですが、
これはハイカラさんの影響が大きいと言われています。
日本で西洋の文化が徐々に広まりつつあった時代に、
袴にブーツを合わせると可愛いのではと思った女学生たちが始めたのがきっかけで、
オシャレだという理由だけではなく、雨や雪の日でも履ける上に動きやすいという理由もあって、
袴+ブーツが一般的になったのです。

気軽にレンタルするのもいい

せっかくだから卒業式に袴や振袖などの和装を着たいという人も多いのですが、これらは決して安いものではありません。
1着数万円~数十万円もするような衣装が多いので、持っていないという人も多いでしょう。
そんなときにはレンタルを利用するという手段があります。
レンタルで扱っている衣装は、多くが化繊を使ったものなので、
シルクなどの上質な生地で作られたものに比べると気兼ねなく着られます。
また和装は小物類をそろえるのも大変なのですが、レンタルでは一式すべてがそろったセットがあります。
準備をする手間も省けますし、組み合わせもプロが決めているのでバランス良く着られます。
「どちらも着たい」という場合には、成人式に振袖、卒業式に袴という風にそれぞれレンタルすると良いでしょう。

卒業式は振袖だけもアリ!

卒業式の衣装は、フォーマルであれば問題はありません。
袴を履くかどうかは好みで決めれば良いですし、振袖だけにしたいというのであればそれでも構いません。
どちらも礼装として相応しい衣装なので、卒業式に着ていくのはおかしいという目で見られることもないでしょう。
しかし意識しておくべきなのは、卒業式はおめでたい儀式の1つだということです。
せっかくのハレの日なので、自分の好みで選んだ衣装を着用し、華やかな式典にできるよう工夫をしてみましょう。

◆振袖のクチコミ情報はこちら!My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」