振袖にはサイドアップも合う!成人式の髪型におすすめ

振袖を着て迎えることの多い成人式。
普段とは違う装いで、髪型もいつもより豪華に楽しみたいですね。
自分に似合う髪型をつくることができれば、
成人式の間も自信を持って楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。
アップスタイルが定番ですが、振袖にはサイドアップも似合います。

振袖の女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖は髪型で全体の印象が決まる!?

振袖を着るときには髪型も重要です。
お祝いの場であるため、振袖も華やかな柄になることが多く、
髪型があまりに地味であると、着物だけ借りてきた感じになってしまいます。
また振袖と髪型の相性はあまり考えなくてもよいと言われていますが、
選んだ振袖にテイストの異なる髪型を合わせてしまうと、全体から発信しているメッセージがちぐはぐになってしまいます。
髪型を決める際は、振袖を選んだときの目線を持って、選ぶとよいでしょう。
クールな着物を選んだならば、髪型もクールな印象を感じるものを、
かわいらしい着物を選んだのであれば、かわいさの感じられる髪型を選びます。
また、自分の顔の形に合った髪型というのも選ぶ際の基準になります。
面長の人と丸顔の人では似合う髪型が変わってくるので、
自分にはどの髪型が似合うか日頃から観察しておくのもよいですし、周りの人や美容師さんに相談してもよいでしょう。
和装ではトータルのバランスが重要です。
髪型によって全体の印象は全くと言ってよいほど変わります。
旧友に再会したり、たくさんの人の目に触れることになる成人式。
せっかくなので髪型にもこだわりましょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

和装の髪型はアップスタイルが基本

和装における髪型には決まったルールはありません。
しかし、着物は洋服と違い、簡単には洗濯できないことから、
脂で着物が傷まないようにするため、アップスタイルが一般的であるようです。
また着物はうなじをきれいにみせてくれるため、
「きれいなうなじ見せができていれば、着物の着こなしはほとんど成功している」という意見もあります。
着物をダウンスタイルの髪型で楽しむ人もいます。
しかし肌の露出が少ない着物では、ダウンスタイルにしてしまうと全体的に覆われている箇所が多くなりすぎてしまい、
ややもったりした印象にもつながりがちです。
髪が肩に掛かる場合には、やはりアップスタイルを選ぶほうが一般的でおすすめです。
アップスタイル、というと限定されてしまうようですが、
クラシックなまとめ髪から盛り髪まで実に様々なスタイルがあります。
華やかなアップスタイルの髪型は、逆に普段の服装では浮いてしまうものもあり、
振袖のような特別な装いのときこそ挑戦することができます。

華やかなサイドアップもおすすめ

成人式の振袖であればサイドアップもおすすめです。
サイドアップとは、髪を横サイドに束ね、正面から見たときにアシンメトリーになる髪型です。
ロングヘアの人だけでなく、ミディアムヘアの人も楽しむことができ、
大人っぽい雰囲気とリラックスした印象があることから、親しみやすさがあり、男性からの好感度も高い髪型の1つです。
またサイドの髪をすこし顔にかかるようにすれば、小顔効果を狙うこともできるので、
アップスタイルで顔を全開にしてしまうのに抵抗がある人にもおすすめです。
サイドアップは、見る角度によって表情が変わるので、
写真をとる角度を変えれば、髪型を変えたかのような違う雰囲気を楽しむこともできます。
洋装にも比較的合わせやすいので、振袖を着替えた後の二次会にそのままの髪型で出掛けることができる点も魅力です。

サイドアップが特に似合う人は?

自分に似合う髪型を探す場合に、まずは顔の形を把握しておけば、似合うものを選びやすく、
また一見似合わないように見える髪型でも工夫することで合わせることができます。
顔の形は、大きく5種類に分けられます。

卵のように丸みのあるひし形が特徴の「卵型」
顔の縦横の幅が大体同じで、頬やあごが丸みを帯びている「丸顔」
横幅よりは縦に顔が長く、目と目の間隔が狭い「面長」
エラや鉢が張っていて男っぽくみられがちな「ベース顏」
鉢が張っていて、あごはとがっている「逆三角形」があります。

この中で、「卵型」は、横1:縦1.5の割合のゴールデンバランスといわれており、
どんな髪型も合わせることできると言われています。
他の顔の形の人は、髪型を工夫することで、この割合を目指していけば、
おのずとゴールデンバランスをつくることができ、美しくまとまります。
サイドアップで工夫するならば、
パーマをあてた髪を左右どちらか横に広がるスタイルにすれば「面長」タイプに似合いますし、
縦長に流すようにすれば「丸顔」の人に似合います。
「ベース顏」の場合は、トップに高さを出したり、エラの周りに後れ毛などで動きがつくようにします。
「逆三角形型」の場合は、逆三角形の逆になるAラインを意識して仕上げれば、
美しいバランスを描くことができるでしょう。

アレンジいろいろ!サイドアップ

同じサイドアップでも、さまざまなアレンジがあります。
たとえば、普段の髪型として人気の高いお団子なども少しボリュームをもたせたり、ルーズにまとめれば華やかさが加わり、
晴れの舞台でも違和感なく、またどのような振袖にも合わせることができます。
振袖姿でお団子を後ろに持ってきてしまうと老けている印象になりがちですが、
サイドに持ってくれば若々しい印象になります。
またお団子の位置も、下に作れば落ち着いた優しい印象になり、上につくれば、活発で明るい印象にすることができます。
意外性がある位置としては、耳の横にもってくることで落ち着きがありつつ元気な雰囲気を作ることができます。
シンプルな形にする場合は、派手なアクセサリーをつけるなどしてアクセントをつけるという手もあります。
編み込みもオシャレ感をアップさせるのに有効です。
はじめにコテなどでゆるく巻いておくとふんわりしてボリュームもでますし、
その上でゆるく編み込みをすれば優しい印象になり、きっちり編み込みをすればキリッとした印象に変わります。
またゆるふわパーマをかけて全体をボリュームアップさせ、
サイドを広げたり、トップに高さをもたせれば、ゴージャス感をアップすることができます。
スタイリッシュな髪型にする場合や、ゴージャスな印象を強める髪型を選ぶ場合は、
メイクも、ダーク系のアイカラーを使うことでスモーキーな目元にしたり、
リキッドアイライナーではっきりアイラインを引いて髪型とメイクのバランスをとるとよいでしょう。
髪型も振袖の雰囲気に合わせて選んでいるので、全体に統一感を出すことができます。
美容院などに行かなくても、自分でできる髪型もあります。
たとえばポニーテールをサイドアップにし、垂れ下がっている髪の部分をゆる巻きにすれば、
簡単ながらも華やかさが加わります。
アレンジするとしたら、さらに後れ毛を少し出し、
ゆる巻きにしたり、編み込みを混ぜることでニュアンスをアップさせることができます。

振袖や顔の形に合わせて探そう

サイドアップにも様々なバリエーションがあります。
いずれも女性らしい華やかさや柔らかさを表現することで、振袖の豪華さに負けない髪型をになります。
自分だけでなく人の記憶にも、写真にも残る成人式。
今の自分らしさを表現しつつも、後から見て恥ずかしくないよう、
バランスをよく考えて自分に合ったスタイルで臨めるといいですね。
髪型を決める際は、振袖の雰囲気をよく考え、自分の顔の形をきれいにみせてくれる髪型を選んでみましょう。
何が合うのかわからない時は、いくつかイメージを持って美容師さんに相談するのも手です。
第三者目線でプロならではのアドバイスをもらえれば、安心して成人式当日を迎えることができます。

◆振袖をはじめとする呉服・着物探しはMy振袖ドットコムへ◆

あなたのための振袖探し「My振袖」