振袖に合う髪型は?似合うポイントを紹介

人生で一度しかない成人式ですが、素敵な思い出にするためにはもちろん、
写真としても長く残る大事なイベントなので、一番綺麗な姿で臨みたいものです。
ここでは、振袖に合った髪型を紹介していきます。
いろいろな条件で似合うポイントがあるので、ぜひ髪型を選ぶ参考にしてみてください。

着物の女性
           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖美人になれる髪型のポイント

振袖が決まったら髪型を考えると思いますが、最近ではそのバリエーションも増えてきて、
どれにしようか決めきれない人も多いのではないでしょうか。
少しずつ違っていてアレンジの幅が広いのはメリットですが、その反面で悩んでしまうことも少なくありません。
振袖はとても華やかな衣装なので、髪型もそれに劣らないふさわしいものを選びましょう。

どんなふうにしようか迷っている人のために、振袖に合う髪型を選ぶコツを紹介していきます。

ポイント1.振袖の雰囲気と合わせる

振袖にはいろいろな柄がありますが、その雰囲気によって古典柄とモダン柄の2つに大きく分けることができます。
それぞれ印象が違うため、似合う髪型ももちろん違います。
髪型に迷ったときは、選んだ振袖がどちらに分類されるのかで検討してみるのも良いでしょう。

古典柄とはその名の通り、昔からある日本らしい絵柄のことです。
花や鳥、扇、宝物などが描かれており、振袖の定番のデザインです。
華やかな桜や菊の絵柄は今でも多くの人に人気があります。

一方、モダン柄は現代的なデザインになっています。
流行を取り入れ、バラや幾何学模様などの個性的な絵柄が特徴です。
ハートや蝶の模様が入った振袖は、目にする機会が増えてきました。

昔ながらの古典柄には、上品で清楚に仕上がるアップスタイルが似合います。
トップにボリュームを出して正統派な雰囲気に仕上げます。
流行りのモダン柄には思い切ってダウンスタイルを。
サイドアップやツインテールなど、他の人と被らないような奇抜な髪型に挑戦して思い切り目立つのもアリです。
振袖の雰囲気に合わせて髪型を選べば、よりお気に入りの振袖のデザインを楽しめるのではないでしょうか。

ポイント2.華やかさを添える

着物の中でも未婚女性のみが着ることのできる振袖は、鮮やかな柄が多くなっています。
成人式ということもあり、目を引く豪華なものを選んでいる人も少なくないことでしょう。
だからこそ髪型もそれに負けない華やかさがないと、寂しい印象になってしまいます。
髪型だけで見るとオシャレだけど振袖と合わせたらいまひとつ、なんてことも。
バランスがとても重要なのです。

トップやサイドにボリュームを出せば、普段よりも華やかな雰囲気になります。
編み込みやパーマ、三つ編みを上手に取り入れれば、すっきりとしたまとめ髪でもかなりイメージを変えることが可能です。
髪の長さや希望の髪型によって物足りない気がしている人は、髪飾りを使ってみましょう。
存在感のある髪飾りは、それだけで髪型を華やかにする優秀なアイテムです。
ぜひ小物選びにもこだわってみてください。

ポイント3.顔の形に合うものを選ぶ

普段の髪型を自分の顔の形に合わせて決めている人はいませんか?
ひとつひとつ顔の形に合う髪型があるので、振袖のときもこれを基準に選ぶ手もあります。

面長の人は横にボリュームを出す髪型がおすすめです。
高さを出すと顔の長さが引き立ってしまうので、サイドアップなどで左右にポイントを持っていきます。
前髪を下ろしておでこを隠すことも大切。
ストレートよりもボリュームがある方が面長感を軽減できるので、
アレンジする前にカールを付ける一手間を加えると良いでしょう。

エラで横幅が気になるベース型の人は、トップにボリュームを持ってくるとバランスが良くなります。
サイドに毛束を残せば、エラを隠しながら可愛らしい印象にできます。
このとき、毛束をカールするとより効果的です。

丸顔の人も縦のラインを意識した方が上手くいきます。
あえておでこを出して縦ラインを作りましょう。
全部出すことに抵抗があるなら、斜め分けやセンター分け、シースルーバングでも大丈夫。
サイドの毛束を残し縦長の印象を作ることも大切です。

逆三角の顔の人はAラインシルエットが似合います。
ボブ風アレンジや低めのまとめ髪などで、気になるあごまわりにボリュームを出すことがポイントです。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

長さ別!振袖に合う髪型

髪型を考えるとき、一番参考にするのは髪の長さではないでしょうか。
せっかく気に入った髪型が見つかったとしても、長さによってできない場合もあるので、とても重要なポイントです。

ここからは髪の長さ別におすすめの髪型を紹介していきます。
成人式の日までまだ余裕があるのなら、お気に入りの髪型にするために髪を伸ばしたり、切ったりすることも可能です。
ぜひそれぞれの長さを見比べて、自分の好みの髪型を探してみてください。

その1.ロング編

ロングヘアならアップスタイルがおすすめです。
アップスタイルは和装時の定番でもありますが、ロングヘアだとアレンジの幅がグンと広がるのは大きなメリット。
シンプルで清楚なまとめ髪にしても上品で素敵ですし、
編み込みでアップにすれば自分の髪だけでとても華やかな印象の髪型にすることが可能です。

サイドテールもロングヘアを活かせる髪型です。
顔のサイドに髪を持ってきますが、長さがあるので寂しくなりません。
くるくると巻いてボリュームを出せば、可愛らしい雰囲気にも見せることができます。
髪をサイドに寄せるときにバックも編み込みなどでアレンジすれば、どこから見ても抜けのない髪型に仕上がります。

その2.ミディアム編

髪がちょうど肩につくくらいのミディアムヘアの人は、ハーフアップにしてみましょう。
ハーフアップは大人可愛くて優しい雰囲気があり、とても人気の髪型。
アレンジもしやすく、編み込みや三つ編みを取り入れれば、普段とは一味違う華やかなハーフアップになります。
レトロな雰囲気にしたい人にもおすすめです。

また、編み込みでカチューシャを作っても良いでしょう。
振袖の髪型に必要なボリュームが簡単に出せ、アレンジのワンポイントとしてもオシャレです。

トップにボリュームを出したまとめ髪も、ミディアムヘアなら大人っぽく仕上がります。
まとめ髪は長さがなくても上品で華やかにすることができるので、ぜひ試してみてください。

その3.ショート編

思い切ってそのまま、というのもショートヘアだからこそできる髪型です。
何も手を加えなくても、ショートヘアならとても清楚な印象になります。
ただ、少し華やかさに欠けるので小物を上手に取り入れてください。
大きな髪飾りをひとつ付けるだけで、アレンジした髪型に負けない存在感を手に入れることができます。

リーゼントにすれば、ショートヘアでも普段とは全く違う雰囲気を楽しめます。
リーゼントは前髪にボリュームを作るので、後ろ髪が短いショートヘアの人にもおすすめ。
サイドに編み込みを入れたり、耳掛けアップなど、さり気ないオシャレを楽しめるのもショートヘアならでは。
髪が短いからこそこの一手間が引き立って、すっきりと上品な印象を与えられます。

ベストな髪型を探そう

振袖を着る貴重な機会なので、髪型も目一杯華やかにしたいものです。
迷ってしまう人も多いですが、バリエーションが多いからこそ必ず自分に似合うものがあります。
振袖の柄だけでなく、髪型もその人の印象を大きく左右します。
なかなかひとつに決められないときは、振袖の柄や髪の長さなど、
いろいろな方向から自分に似合う髪型をイメージし、総合的に考えて選んでみましょう。

髪型に試行錯誤する時間も、きっと良い思い出になるはずです。
一生に一度しかない成人式を、ぜひ振袖に負けない素敵な髪型で過ごしてください。

◆あなたの成人式を彩る振袖探しはMy振袖ドットコムで◆

あなたのための振袖探し「My振袖」