振袖の定番!レトロ可愛い文庫結び

振袖を着るなら、帯の結び方までこだわりたい!
基本の文庫結びから文庫結びのアレンジまで、意外と奥の深い文庫結びについてご紹介します。
定番を押さえるからこそ、アレンジが映えるもの。
シンプルな中に遊び心を加えた、あなただけの文庫結びを見つけましょう。

振袖の後ろ姿

           あなたのための振袖選び「My振袖」

帯結びが可愛いのが振袖の魅力

振袖は、袖が長くて華やかな着物なだけだと思っていませんか?
振袖の最大の魅力は、帯結びのアレンジの豊富さにあります。
振袖用の帯は「袋帯」と呼ばれ、通常の着物用の帯よりも長いのが特徴です。
長いということは、その分アレンジができるということです。
帯の結び方こそが、振袖の最大の魅力です。
帯結びのちょっとしたアレンジの違いで、着物全体の印象がガラリと変わることだってあります。
どの結び方も綺麗なので、思わず挑戦してみたくなりますよね。
簡単だけれど奥が深い、着物に華を添える帯結びを知ることで、振袖を着る楽しみが増えていきます。

基本の文庫結びを押さえたら、そこから少しずつアレンジに挑戦していくのも、振袖を着る醍醐味です。
アレンジの種類も多く、基本の組み合わせで新たなアレンジが作られていきます。
振袖だからできる、かわいい帯結びの世界に触れてみてください。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

文庫結びとは

文庫結びは、リボン風の形が特徴的な定番の結び方です。
すっきりコンパクトにまとまり、帯結びが主張しすぎないので、清楚な印象になります。
使用する帯の種類は違いますが、浴衣でも使える結び方なので、結び方を覚えておくと色々な場面で役に立ちます。
浴衣は「半幅帯」、普段用着物は「半幅帯」・「名古屋帯」、振袖は「丸帯」と
着物の種類によって使用する帯の種類も変わってきます。
半幅帯と丸帯は倍以上布の使用量が違うので、同じ文庫結びでも印象が異なります。

文庫結びは、両側のリボン状の羽の部分の垂らし方を少し変えるだけでも印象が変わってくるので、
普段の浴衣で文庫結びをしている人も、振袖であらためて文庫結びをしてみると違った発見があって面白いです。
振袖の文庫結びは、コンパクトにまとまるとはいえ袋帯を使っているので、振袖に負けない存在感はしっかりあります。
後ろ姿はリボンを背負ったように見えるので、清楚なだけでなく、かわいらしい印象も与えてくれます。

基本の文庫結びの結び方

文庫結びの結び方について、順番に説明していきます。

まずは、袋帯の短辺を半分に折り、片側の帯の先(手先)を約60センチ肩にかけます。
折り目のある方(輪)を下にして、胴に二重に巻いていきます。
二重に巻いたら、手先と交差して一度結び、手先が上側に来るようにします。
そして、手先の交差部分を3分の1幅に広げ、紐で押さえます。
たれ(手先の反対側の帯の端)の先を左肩方向にあてて、約60センチの羽根の大きさをとります。
たれ先から、蛇腹に折り返しながら羽根を作ります。
たれの表になる部分が背中に当たっている状態で、たれの元もしっかり開き、背中に当てます。
帯揚げをかけた枕を結び目の上にあて、前で枕の紐を結びます。
帯揚げは最後に整えるので、前で軽く結ぶだけにします。
羽根のバランスを確かめてから、羽根の手前を枕の高さに折りあげます。
手先と羽をおろし、帯締めをかけて前でしっかりと結びます。
羽根の長さは、胴帯の中心~少し下程度に収まると綺麗に見えます。
羽根と帯揚げを整えれば完成です。
羽根を整えるときは、羽根の下から指を入れるようにして、形が崩れないように整えましょう。

文庫結びが似合う振袖は?

文庫結びは、定番の結び方でシンプルだからこそ、どんな場面でも使える便利な結び方です。
成人式はもちろん、初詣、結婚式のお呼ばれや、フォーマルを求められる場でももちろん使えます。
清楚で気品ある、大人な雰囲気を作りだしつつ、女性らしいかわいらしさも表現してくれる帯結びです。
ちょっと控えめな印象を与える結び方なので、あっさりした柄の振袖のほうが、
着物の主張に負けることなく合わせられます。

振袖も帯結びも控え目とはいっても、文庫結びは大きなリボンの形をしているので、
十分に華があり、かわいらしくまとまりますので、決して地味な印象にはなりません。
他の結び方よりも清楚さ、シンプルさが際立つ帯結びだという利点を生かし、
合わせる着物と帯のデザインを考えてみてはいかがでしょうか。
振袖のトータルコーディネートとして、落ち着いた印象にまとめたい時は文庫結びがおすすめです。

文庫結びはアレンジも楽しい!

文庫結びはシンプルすぎて物足りないという人におすすめなのが、文庫系の変わり結びです。
文庫結びはシンプルな結び方なので、羽根の出し方やひだのとり方をちょっと工夫するだけで、
簡単にアレンジができてしまいます。
一つアレンジを覚えると応用がきくので、変わり結びが多いのも、文庫結びの特徴です。
アレンジを加えることで、清楚で大人しいだけでなく、かわいらしさや華やかさをプラスしてくれます。

かわいくしたい時は、羽根にボリュームをもたせる。
華やかにしたい時はひだを増量する。
シンプルな手順の組み合わせと、アレンジを加える場所と大きさの変化によって、アレンジは無限に広がっていきます。
アレンジの基本を身に着けたら、自分の好みのアレンジを開発していくことも楽しめます。
気分に合わせた変わり結びに挑戦してみてはいかがでしょうか。

代表的な文庫系の変わり結び

1.アシンメトリー

片側の羽根を二重にして、反対側は裏地を見せる文庫結びです。
少し現代的な印象を与えてくれる、簡単で個性的な変わり結びです。

2.花結び

羽根を作るときに、帯をひだのように重ねてとり、花の形を作ります。
ひだの数や大きさで、印象が大きく変わるのが特徴です。

3.羽根結び

文庫の結び目を作る時に、下からも羽根を引き抜きます。
羽根が2枚から4枚になることで、ボリュームが出るので華やかになります。

4.薔薇結び

羽根をアシンメトリーに作り、余らせた部分でひだを作って薔薇を表現します。
アシンメトリーの作り方によって、薔薇の位置も変わってくるのがアレンジポイントです。

5.巾着結び

小さめに作った羽根を、お太鼓のように結んで巾着風にしています。
お太鼓風に結ばれているので、椅子に座っても崩れにくく、疲れにくいので、
式典や着席パーティーなどでの使用がおすすめです。

6.その他にもかわいい変わり結びがたくさん

アシンメトリー・ひだの作り方・羽根の作り方の応用を組み合わせることで、
文庫帯は他にもたくさんの変わり結びができます。
色々調べてみたり、自分で研究してみるのも楽しいですよ。

清楚で可愛い文庫結びにトライ

文庫結びは、女性らしいかわいらしさと清楚な印象を与えてくれる、シンプルで使い勝手の良い結び方です。
帯結びに困ったときは文庫結びをすれば間違いありません。
そして、アレンジ次第では、いくらでも華やかにしていくことができるのも文庫結びの魅力です。
羽根の重ね方とひだの作り方を工夫するというシンプルな手順だからこそ、アレンジの幅が広いです。
オリジナルでアレンジを加えていくことも可能なので、着るたびに違うアレンジに挑戦しながら楽しむこともできます。

また、TPOに合わせて、華やかさを調整できるので、
気軽なパーティーから少し形式ばった式典まで、様々なシチュエーションで使える結び方です。
スタンダードな文庫結びもかわいいですし、
着用する場面や着物や帯の色柄に合わせた変わり結びを考えながら、アレンジを調べていくのも楽しいです。
自分好みの変わり結びを見つけられるように、振袖を着るときは色々なアレンジも楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆成人式・結婚式のための振袖情報・クチコミ―My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」