振袖と留袖はどう違う?知ると面白い着物の意味

成人式や結婚式で振袖や留袖を着る機会がある人もいますが、
2つの違いについて知っていますか?それぞれの着物には意味があり、しっかと理解する事が大切です。
今回はそれぞれが持つ意味を紹介しつつ、どのような場面で着るべきなのかなどマナーについてもまとめていきます。

黒留の女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

そもそもなぜ留袖というのか?

留袖という名前は、振袖の長い袖を短く切って立て直し、身八口で縫い留めた着物であった事に由来しています。
江戸時代に未婚女性の象徴である振袖を短くする事で、大人になったという事を表す習慣が広がりました。
もともとは娘から女性へという成長を意味しているものだったので、
既婚者だけでなく18歳になると袖を短くしていたようです。
長い袖を切ってはいますが、切るという言葉は「縁を切る」などあまり良くない意味に繋がる恐れがあり、
袖を留める事から「留袖」という名前になったとされています。
また留袖は既婚女性の普段着として着られていた物なので、
長い袖だと動きづらく短い袖に変わったという機能的な一面もあるようです。

留袖はもともと振袖であったため、昔は華やかな柄が入っている物が多かったようです。
しかし現在では上半身は柄のない無地で、裾の部分にのみ柄が入っているのが一般的になっています。
柄には様々な種類がありますが、鶴亀や葡萄、貝や七宝などの縁起のよい物が描かれてます。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

既婚女性に振袖は好ましくない理由

振袖は未婚女性が着る物であり、既婚女性が着るのは好ましくないとされています。
このようになった背景には、江戸時代に振袖が恋愛感に象徴であったという名残が関係しているのです。

江戸時代初期に、踊り子の風俗を真似る事が未婚女性の間で流行しました。
真似られた所作というのが、袖を振る事で愛情を示し、
袖にすがる事で哀れみを乞うといったような恋愛観を表すものだったのです。
既婚女性はこのように袖を振って愛情表現をする必要がないばかりか、
他の男性に対して好意を抱いているのではないかというあらぬ疑いをかけられてしまう可能性があり、
振袖は好ましくないとなっていきました。

振袖も留袖も格式の高い第一礼装

第一礼装とは結婚式やお葬式などの冠婚葬祭や各種式典で、「主催者」側が着るものとされています。
その場で最もきちんとすべき人が着る正装という意味です。
格式高い第一礼装を着る事で、来てくれた人達に対して最大限の敬意を表し、
礼を尽くしているという意味も込められています。
この第一礼装に当たるのが、未婚女性であれば振袖、既婚女性であれば留袖になるのです。

振袖にも種類があり、袖の長さによって分けられます。
袖丈が短い順に「小振袖」「中振袖」「大振袖(本振袖)」であり、
袖丈はそれぞれ、二尺(75cm前後)、二尺五寸尺(95cm前後)、三尺以上(113cm前後)です。
袖丈が長いほど格式が高いとされていますが、最近では着る人の身長に合わせて袖丈を決める事も増えてきています。
また、本来は格式高い振袖には「五つ紋」と呼ばれる家紋が入っていました。
これは着物の格を表す物とされ、正式な場面で着るのに必要とされていたのです。
しかし総柄である振袖には紋を入れづらい事や、レンタルが普及している背景もあり、
家紋が入っていない振袖が一般的となっています。
その為持っている振袖の格式を上げたい場合、家紋を入れる事も良いとされているのです。
振袖に限らず家紋の入れ方は、「一つ紋」「三つ紋」「五つ紋」と3種類あります。
家紋の数が多い程格式も高くなるので、主催者側はゲストに失礼とならないよう、
五つ紋か三つ紋の家紋を入れている事が多いです。
もし結婚式などお呼ばれしたゲストとして振袖を着ていきたい場合は、
主催者よりも格式が高くならないよう「一つ紋」にしておきましょう。

留袖は既婚女性の第一礼装であり、黒い留袖を着用します。
柄があるのは裾部分だけですが、縫い目で途切れない絵羽模様になっているのが特徴です。
また和装は季節に合わせた柄が描かれる事が多いですが、
それほど着る機会の多くない留袖は、1年中着る事ができるように配慮された柄が描かれている事が多いです。
もちろん振袖も留袖も、描かれている柄には祝いの席に花を添えられる吉祥柄が選ばれています。

黒留袖を着られるのはどんな人?

黒留袖は既婚女性の第一礼装になるので、主催者側が着るものになります。
ゲストを迎える際に敬意や礼を尽くしているので、ゲスト側の人は着ていかないようにしましょう。
結婚式を例に説明していくと、新郎新婦の母親、祖母や叔母、姉妹など親族が黒留袖を着られる人と言えます。
また仲介人がいる場合では、仲介夫人も黒留袖を着られる人です。

結婚式において誰よりも格式の高い格好が必要とされているのが、新郎新婦とその両親です。
その為新郎新婦の母親が和装の場合は、最も格式の高い五つ紋の入った黒留袖を着用するのが良いとされています。
ただし両家の服装に格の違いが出ないようにする事も重要なので、
事前に連絡し同じ格式の服装になるよう調整しておきます。

親族も正礼装か準礼装で参列するのがマナーになっているので、
祖母や叔母、姉妹で既婚である人も黒留袖を着られる人になります。
ただ実際には母親以外で黒留袖を着用するのに抵抗がある人もいるので、三つ紋の色留袖などを着る人も多いようです。

最近では黒留袖をレンタルする人も多く、家紋に対してはこだわらないケースも増えてきています。
レンタルの場合は一般的に「五三桐」の紋が入っていますが、
家紋にこだわりたい人はその上から「貼り紋」と呼ばれるシール状の紋を付ける事もできるようです。
貼り紋ならレンタルした黒留袖を傷つけてしまう事もないので、こだわりたい人は検討してみましょう。

色留袖を着る場合のマナーは?

留袖には黒留袖だけでなく、色留袖というの色のついた生地が使われている留袖もあります。
色留袖は入っている紋の数によって格式が代わり、五つ紋であれば黒留袖と同格ともされています。
三つ紋の場合は「準礼装」、一つ紋の場合は「略礼装」と変化するのも特徴です。
色留袖は黒留袖と比べ、広い用途で着用する事ができる着物です。
その為場面に応じたマナーには気を付ける必要があり、失礼に当たらないように気を付けましょう。

結婚式の場合、五つ紋であれば色留袖も格式高いとはいえ新郎新婦の母親は黒留袖を選んだ方が良いでしょう。
ブラックフォーマルという考え方もある上に、黒留袖の方が花嫁を引き立てる為にも良いとされているからです。
母親以外の親族の女性は、三つ紋の色留袖が適しています。
三つ紋であれば準礼装にあたるので、親族の服装のマナーも守られます。
また色留袖は未婚女性も着る事ができる留袖なので、
振袖を着るのに抵抗がある年齢の未婚女性が着用する事も多いようです。

ゲストとしてお呼ばれした場合、色留袖を着ていく事は問題ありません。
ただし、五つ紋は主催者側と同格となってしまうので避けるようにしましょう。
三つ紋か一つ紋の色留袖であれば格を超えてしまう事はないので、ゲストでも着用するのは問題ありません。
ただし色留袖だと親族側だと勘違いされる可能性もあるので、和装の場合は訪問着を着用するのが無難であると言えます。

礼装はマナーに沿って着用する

冠婚葬祭など、礼装を着用すべき時はマナーを守る事が大切となります。
振袖と留袖のように立場や年齢によっても適している服装は変わりますし、
服装以外の小物や履物なども色や見た目に気を付ける必要があります。
マナーを守らなかったという理由で、せっかくの式典が険悪な雰囲気になる事は避けなければなりません。
トラブルを避ける為にも、主催者側もゲスト側もそれぞれマナーに沿って適している礼装を着用するようにしましょう。

◆成人式に向けた振袖探しはMy振袖ドットコムへ◆

あなたのための振袖探し「My振袖」