女子も成人式はスーツで行っていいの?

二十歳の節目となる成人式。
毎年、ニュースでは各地の成人式の様子が放送されます。
男子は大半がスーツ姿ですが、女子のほとんどは華やかな振袖姿です。
赤やピンク、黄色など色とりどりの振袖が目にも鮮やかですが、女子は振袖を着ないと参加できないのでしょうか。
ここでは、女子が成人式にスーツで参加することはアリなのか、
実際に成人式にスーツを着るときのポイントは何か、などについて解説します。

スーツで悩む女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

女性が成人式に参加する場合の服装は?

結論からいえば、成人式の際の女性の服装について特に決まりはありません
ただ、大人になるための節目の行事であり、公の場ですから、TPOを考えることは必要です。
具体的には、振袖を着ない場合はスーツを着るのが一般的です。
カジュアルな服装でなければ問題ないのです。

ただし、スーツなら何でもいいというわけではありません。
スーツの場合、長袖か七分袖で、スカートはヒザ丈よりも長いものを選びましょう。
肌の露出も控えめにします。
地味になりすぎないように、髪につけるアクセサリーや胸のコサージュで華やかさを添えると良いでしょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

成人式でスーツを着るメリット

成人式では、男性のほとんどはスーツなので服装についてそれほど意識しなくてもよさそうですが、
女性の場合は振袖またはスーツを着ることになるでしょう。
友人たちが華やかな振袖でも、あえてスーツを選ぶ、という人もいます。

成人式は強制的に参加を求められる行事ではありません。
両親や周りの大人たちの保護から離れて、一人の大人として自立していくことを自覚するための儀式であり、
それが最も重要な点ですから、場にそぐわない恰好でなければ、女性がスーツで参加することは何の問題もありません。
振袖にはない、スーツならではのメリットもあります。
続いては、スーツで成人式に参加するメリットについて紹介します。

1.コスパがいい

スーツで参加する一番のメリットは、なんといってもコスパがいいことです。
振袖と比較すると、一着あたりの値段が安いのが一般的です。
振袖の場合、レンタルであっても成人式シーズンはレンタル代が高くなります。
ヘアセットやメイクはもちろん必要ですが、振袖に合わせる和装用のカバンなど、細々した小物が必要になります。
これらは安く見積もっても10万円以上かかります。
柄にこだわって、気に入った振袖を着たいと思えばさらに費用がかさむかもしれません。

スーツの場合、成人式が終わってからの着回しがきく点も大きなメリットです。
多少華やかで上質なスーツを選べば、小物を工夫して結婚式などに着ていくことができます。
振袖の場合は成人式が終わると袖を通す機会は多くありませんが、スーツであれば日常的に使える機会も多いでしょう。

2.当日動きやすい

スーツで参加する二つめのメリットは、当日動きやすいことです。
着物を着慣れている人なら別ですが、ほとんどの新成人は成人式までに着物を着る機会はそう多くないはずです。
慣れない着物で動き回るのは、なかなか辛いものです。
成人式は場所によっては異なりますが、1月に行われることが多いですから、成人式当日に雪が降った場合には大変です。
成人式の式場まで行くのもひと苦労です。

スーツであれば、ふだんから着慣れている洋服ですし、
動きやすいですから振袖と違って当日雨や雪でもそれほど気にしなくて済みます。
お手洗いに行くのも楽ですし、成人式の後、
仲間同士で二次会へ行くことになった場合にも、振袖と違ってすぐに対応できます。
振袖は正装ですから居酒屋などには馴染みませんし、何よりも着物が気になって楽しめません。
一度家に帰って着替えるなど、少し手間がかかります。

3.急な参加でも対応できる

スーツで成人式に参加するメリットの三つめは、
準備まで時間がかからないため、急に成人式に行くことになっても対応できることです。
振袖で参加する場合には、新しく作るとしてもレンタルにしても、準備に1年はかかります。
レンタルでは数が限られていますので、直前に思い立ってレンタルしようとしてもレンタルできない場合もあるのです。
また、運よくレンタルできる振袖があったとしても、すでに多くの人が予約した後ですから、
好みの振袖が借りられないかもしれません。

一方、既製品のスーツならすぐに買えるので、直前に参加を決めても充分間に合います
揃える小物も振袖と違って気にしなくていいので、直前でもそれほど焦らずにすみます。

成人式でスーツを着るデメリット

ただ、スーツで参加することにも、デメリットはあります。
いいことばかりではないのです。
スーツはどうしても、振袖の華やかさには敵いません。

また、二十年育ててくれたご両親が振袖姿を楽しみにしている場合、
成人式に振袖で参加する姿を見せてあげられないのは残念です。
二十年間、愛情を注いで育ててくれたご両親にとって、
大事に育てた娘さんの晴れ姿を見たいという思いは自然なことです。
ご両親以外にも、祖父母や親戚の方など、楽しみにしている方は多いでしょう。
主役は当然、成人するご本人なのですが、
成人式はこれまでに育ててくださった周囲の方々にも格別の思いがある点も考慮したいものです。

1.周囲から浮きやすい

スーツで参加する場合、もっとも気になるのが周囲から浮きやすいことです。
振袖以外で成人式に参加する女性は、全体の1~2割といわれています。
周りの女性のほとんどが華やかな振袖姿のなか、スーツ姿の女性は目立ちます。
中には、どうして振袖ではないのかと質問してくる人もいるかもしれません。
そのようなことが気にならないならば何の問題もありませんが、
それが煩わしかったり、華やかな周囲に引け目を感じてしまうならスーツでの参加は避けた方が無難です。
服装が気になって、久々に再会した同級生や友人とのお喋りをしている間も落ち着かないようでは、残念すぎます。
「やっぱり振袖にすればよかったかな」と思う可能性が少しでもあるなら、
振袖を準備して参加したほうが心置きなく成人式に参加できます。

2.地味になりがち

振袖に比べてスーツでは小物が少なくてすむのがメリットですが、
逆に言うとその分、飾る部分が少ないということでもあります。
スーツで華やかさを演出したい場合、考えられるのは髪飾りやアクセサリー、インナーやメイクを華やかにすることですが、
やはりどうしても豪華な振袖と比べると地味に見えてしまいます。
成人式では写真を撮る場面も多いですが、周りと比べて少し地味な姿で写真が残ってしまうことも残念です。
のちのち写真が残ることを考えておくことも大切です。

レンタルもおすすめ!

成人式は一生に一度のイベントです。
だからこそ、後悔しない服装で臨みたいものです。
振袖は面倒だからスーツで参加しようと思っていたけれど周囲から浮くのは嫌だ。
そうお悩みなら、レンタルはいかがでしょうか。
振袖を新しく作るのは費用的にも大変な負担ですが、
レンタルであれば、早めに探せば気に入った品を安く借りられるかもしれません。
ご自分の考えだけでは迷うようなら、保護者の方に相談してみましょう。
どうしても振袖が嫌、というのであれば別ですが、迷っているならぜひ相談してみましょう。
ご家族の方にとっても関心が高いことですから、喜んで相談に乗ってくれるはずです。
もしも一生に一度だし、記念になるので振袖を着てみたら、と勧めてくれるのなら、素直に従うのもよいでしょう。

どうしても迷うときは、実際に振袖を見に行くと結論が出やすいです。
華やかな振袖を見ているうちに、自分も着てみたいな、と思うかもしれません。
試着して実際に着たときの感覚を試してみるのもよいでしょう。
自分が本当にしたい服装と周りの方々の思いを考慮しながら、
後悔しない服装選びをして、堂々とした姿で成人式に臨みましょう。

◆振袖探しはお早めに!My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」