成人式では派手目の化粧がマル!振袖メイクのポイント

成人式で初めて振袖を着るという人も多いですが、こだわって選んだ振袖に似合うメイクを考えていますか?
普段着ている洋服やスーツと振袖が全く別のものであるように、化粧も振袖にふさわしいものがあるのです。
そんな振袖にぴったりのメイクのやり方やポイントを紹介していきます。

振袖の女性

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖を着るときの化粧は普段と違う?

成人式で着るとっておきの振袖が決まったら、どんなメイクにするか考えていきましょう。
普段から化粧をしている人は慣れているから問題ないと思っているかもしれませんが、
振袖を着る時の化粧が普段と同じものでは良くありません
洋服と振袖が全く違うものであるように、その服装に合わせて化粧も変えるべきなのです。
実際に、着物を着た時の化粧を自分でしてみたものの、思ったより顔の印象が薄かったと感じた人もいるでしょう。

洋服よりも華やかなことが多い振袖に普段のナチュラルメイクでは、印象が暗くなり顔が負けてしまいます。
振袖メイクで失敗しないコツは、いつもより濃いめを意識することです。
しかし、顔全体をすべて濃くしてしまってはメリハリが無くなってしまいます。
振袖メイクは平面的なベースに切れ長の目、はっきりとした唇が特徴なので、
それを意識して化粧をすると誰でも簡単に振袖に似合う顔に仕上げることが可能です。

着物は昔からある日本の文化なので、
メイクも着物を引き立てながら上品で華やかに仕上げることを心がけていきましょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖メイクのポイント

振袖メイクのポイントはベース、リップ、目元、チークの4つ。
普段のメイクにはその時の流行がありますが、振袖メイクには流行ではなく基本的な決まりがあります。
なんとなく難しそうだと感じてしまいますが、基本さえできていれば失敗することも少なくすむのです。

これから振袖メイクのすぐに実践できるポイントを具体的に紹介していきます。
このメイクをマスターすれば、振袖だけでなく和装をする時にも使えるので、
ぜひチェックしてみてください。

ポイント1.立体感を出さない

化粧をする上で大事なベースメイクですが、
振袖メイクでは立体感を出さないように仕上げていくことが重要です。
おすすめなのはマット肌
よく聞く言葉かもしれませんが、マット肌とはどんな肌なのでしょう。
簡単に言うとツヤがなく、キメの整った肌のことです。
振袖メイクではシミや毛穴のない陶器のようなマット肌を目標にします。
また、振袖には日焼けした肌よりも白い肌が似合うので、ワントーン明るめのベース作りを目指しましょう。
やりすぎると浮いてしまい不自然になるので、実際よりも少し明るめ程度を意識することが大切です。

化粧崩れを防いでくれる下地は忘れずに使います。
透明感が出て明るい印象にしてくれるパール入りの下地がおすすめです。
ムラにならないよう顔全体に丁寧に塗ってください。

下地の次に、ファンデーションを重ねます。
リキッドファンデーションはカバー力がありますし、
パウダリーファンデーションにはツヤの少ないサラサラな仕上がりが期待できます。
どちらにもメリットがあるので、自分の好みや使い慣れているタイプで選びましょう。
境目が不自然にならないように、耳や首にも馴染ませると綺麗に仕上がります。
特に首まわりは、髪を上げることが多く、目立つ部位でもあるので忘れないように気をつけましょう。

気になる部分があるならコンシーラーも上手に活用します。
マット肌に肌トラブルは大敵です。
シミやくすみなどの部分に塗り、指でよくぼかしましょう。
この一手間で見た目の印象が大きく変わるはずです。
ただ、コンシーラーは厚塗りすると目立ちやすいことに加えて崩れやすくなるので、
少しずつ馴染ませるなど工夫してください。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使った人は、最後にフェイスパウダーを使います。
ツヤを抑えながらメイク崩れを防ぐ効果もあるので、簡単にマット肌を演出することができます。
フェイスパウダーは顔の中心から外側に向かってのせていき、
小鼻や口周り、目元など、細部まで丁寧にのせていってください。
皮脂が多いTゾーンはパフを使って押さえるのも効果的。
フェイスパウダーはつけすぎると作り込んだ感じが強く出てしまうので、
余分なパウダーを落としてから肌にのせるなど、量を上手に調節してください。
できるだけ粒子の細かい商品を選ぶと重ねづけしても浮きにくく、簡単にきめ細かい肌にすることができます。

これで、振袖用のベースメイクの完成です。
普段のメイクではお馴染みのハイライトやシェーディングですが、立体感を出したくない振袖メイクには必要ありません。
ベースはのっぺりと平面的に仕上げ、目や口元の化粧に力を入れていきましょう。
ベースが綺麗に仕上がっていれば、それだけで上品な印象になります。
ベースメイクの前にはスキンケアもしっかりと行い、
時間がかかっても丁寧に、できる限り欠点のない肌を目指してください。

ポイント2.リップは濃い目の色を

続いて、リップメイクに入ります。
振袖メイクは、唇にしっかりと色をつけるのがポイント。
普段は無難な色ばかり使ってしまうという人も、いつもと違う色に挑戦するチャンスです。
ぜひ着物に負けない華やかな色を選んでみてください。

色の種類が多く1本に絞るのはなかなか難しい口紅ですが、
振袖の色に合わせると選びやすくなります。
ピンクやベージュ系など薄い色の振袖にはピンクベージュ系の口紅を、
黒や深緑、紺、紫などダークカラーの振袖には赤系の口紅を選ぶのがおすすめです。
普段使っているものよりもはっきりとした濃い色をチェックしてみましょう。

口紅を塗る前にリップコンシーラーで唇の色を消しておけば、綺麗に仕上がります。
無ければファンデーションで代用することも可能です。
より和装らしい唇にしたければ、リップペンシルで本来よりも小さめに唇の輪郭を取ると良いでしょう。
その際、下唇の中心を少し厚めにすることがポイントです。

ツヤは控えてマットに仕上げたい唇ですが、
色が派手で気になるようならグロスを重ねると少し柔らかい雰囲気にすることができます。
ただし、ラメやパールなどは入っていないものを選びましょう。
上級者は濃淡の2本使いもおすすめ。
内側をぼかすことで自然な深みを出し、より印象に残る唇になります。

ポイント3.目元はしっかりと

次は、アイメイクについて解説します。
アイメイクは眉と目ですが、どちらも唇同様、しっかりと化粧をしていきます。

まずは眉です。
眉は顔の印象を左右するとても大事な部分ですが、振袖メイクでは緩やかなアーチ型を目指します。
ナチュラルな形ではありますが、しっかりと描くことが大切です。
苦手な人はアイブロウペンシルでだいたいの形を決めてからブラシで馴染ませていくと簡単です。
凛とした眉に仕上げたいので、この時にぼかしすぎないように注意してください。
細すぎや太すぎの眉も振袖には不釣り合いなので、自分に合う自然な太さを見つけることが大切です。
また、髪色と差がありすぎても浮いてしまうため、自分の髪に近い色を選ぶことも忘れないようにしましょう。
髪色が明るい人はグレーのアイブローパウダーを仕上げに使うことで、落ち着いたワンランク上の眉になります。

眉ができたら目元の化粧です。
普段のメイクでは色で遊びたい部位なのですが、振袖の時は色選びが難しい場所になります。
振袖メイクでは目と唇を目立たせるので、ここで合わない色を使ってしまうと、顔全体がチグハグな印象になりかねません。
事前に試し塗りをして、慎重に選びましょう。

失敗しないものを選ぶなら、アイシャドウはベージュやブラウンなどナチュラルな色味のものを使います。
最初にアイホール全体に薄い色をのせ、次に濃い色を重ねて自然なグラデーションにします。
おしゃれに仕上げたいなら、振袖に合わせた色を使うのもおすすめ。
かわいい雰囲気の振袖なら赤やピンク系、クールな雰囲気の振袖ならカーキやパープル系のアイシャドウが似合います。
アイホール全体に色を使うのではなく、目尻や涙袋に部分的に使うだけでも華やかに仕上がります。
迷った時は、振袖に使われている面積の大きい色を選ぶと、簡単に統一感を出すことができるので試してみてください。

続いて、アイラインを引いていきます。
普段のメイクではアイラインを引いていない人もいますが、振袖に似合う切れ長の目にはアイラインが欠かせません
強めにくっきりと引くことを意識することが大切です。
ペンシルはぼけやすいので基本は黒いリキッドアイライナーがおすすめですが、
優しい雰囲気にしたい場合はブラウンを使っても良いでしょう。
目尻は5mmくらい長めに引き、まつ毛の隙間を丁寧に埋めると綺麗な切れ長に仕上がります。
この時、目尻は不自然にはね上げない方がより美しい切れ長になります。
リキッドアイライナーならにじみにくいので、化粧崩れもしづらく一石二鳥。
目の印象を薄くしないためにも、太めにアイラインを入れましょう。

ビューラーはあえて使わずにすだれまつ毛にするのもおすすめ。
目を伏せた時にさり気ない色っぽさを演出できます。
マスカラも目尻にたっぷりと塗ります。
つけまつ毛をワンポイントで目尻につけるのも良いでしょう。
普段は目を縦に大きく見せるようメイクをしている人も、
目尻を強調すると振袖に似合う切れ長の目を作りやすくなるので参考にしてみてください。

ポイント4.チークはナチュラルに

最後に、チークを塗っていきます。
リップとアイメイクは濃いめをおすすめしていましたが、チークはできるだけナチュラルに仕上げていきましょう。

ポイントはとにかく薄く塗ること。
振袖メイクでのチークは血色の良い肌にすることが目的なので、入れているのか分からないくらいで十分なのです。
こめかみから頬骨の一番高いところを目安に、ふんわりと塗りましょう。
口紅と同系色の色を使うと自然に仕上がります。

チークがあまりに濃いと幼い印象になってしまいます。
かといってこの工程を省いてしまうと不健康そうなイメージになるので、手を抜いてはいけません。
チークを丸く入れた方が可愛いような気がしてしまいますが、振袖メイクの主役はチークではなく目元と唇です。
これまでのポイントメイクが引き立つように、上手に引き算をすることも大切です。

振袖向きの化粧は自分でもできる?

成人式の着付けやヘアセットはプロに頼む人が多い中、「メイクは自分でする」という人が少なくありません。

美容院に頼むとなると、やはり料金が高いというのもセルフメイクを選ぶ理由の一つですが、
美容院も1日に何人もの化粧をすることになるので、
自分を担当してくれる時にどれだけ丁寧にしてくれるのか不安もあります。
また、化粧の好みは人によって違うため言いたいことを伝えられず、
当日に満足のいく化粧にならなかったと感じてしまう人も少なくありません。

そんな中、自分で化粧をすれば、納得のいくメイクがあまりお金をかけずにできるというメリットがあります。
1回で理想の仕上がりになるとは限らないので事前に練習が必要ですが、その分当日のイメージもつかみやすくなります。
化粧を毎日のようにしていれば自分の顔を見る時間も長く、その特徴を誰よりも知っているのも自分自身です。
自分なりのメイクをする時のこだわりを大事にできます。

もちろん、せっかくの機会なので他人にしてもらいたい人や自信がない人はプロに頼むのもアリ。
普段使わないようなアイテムを駆使して化粧をし、
どんどん変わっていく自分の姿を見ているだけでも十分気分は上がるものです。
その場合、事前にしっかりと自分の希望を伝えるようにしましょう。

たった一度きりの成人式です。
ぜひ運命の一着となった振袖に負けない、理想通りの化粧で臨みましょう。

和風美人メイクをマスターしよう!

今では着るタイミングが減ってしまった振袖ですが、せっかく着るのならそれにふさわしいメイクにしたいものです。
成人式は一度しかありませんが、振袖を着る機会は今後もあるかもしれません。
そんな時、この振袖メイクを知っていればきっと役に立つはずです。

普段はアイシャドウやチークで立体的に仕上げるメイクや、
ツヤのある肌に素っぴんのようなナチュラルメイクなどが人気ですが、
昔からある和装のメイクは流行に流されることなく着物の華やかさに負けないものになっています。

いつもと違う服装はもちろん、いつもと違う化粧も自分の気持ちを高めてくれるでしょう。
特徴のある振袖メイクは、ポイントさえ押さえてしまえばいつでも簡単に自分でできてしまいます。
王道の和風メイクで、和風美人を目指していきましょう。

◆振袖のクチコミ情報はこちら!My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」