成人式の振袖レンタルの価格相場って?

華やかな振袖を身にまとって成人式を迎えたいと考えている人も多くいるでしょう。
しかし、振袖をレンタルするにはいくらくらいかかるのかわからず不安だという人も少なくありません。
この記事では、気になる振袖のレンタル価格の相場について解説していきます。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖のレンタルはいくらくらい?

振袖のレンタル料金はさまざまですが、最低でも4万円くらいからが一般的な相場です。
中には、激安レンタルショップのようなところもありますが、かなり特殊なものだと考えておいた方が無難です。
また、多少でもこだわりがあるのであれば、10万円以上の価格帯も珍しいものではありません
どのような振袖を選ぶのか、どこでレンタルするのかで大幅な価格差があります。
自分好みの納得できるものを選びたいのであれば、ある程度の予算をみておいた方が良いでしょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

レンタル料に価格差がある原因は?

振袖のレンタル料金にはかなり大きな幅があり、数倍違うことも珍しくありません。
しかし、価格設定にはそれなりの理由があります。
格安な店と高めの料金を設定している店とでは、レンタルプランの内容にかなり違いがあります。
もちろん、振袖そのものの種類によっても料金は大きく変わってきます。
自分に合ったレンタルプランを選ぶためには、こういった知識を整理しておくことが大切です。
ここでは、振袖のレンタル料金はどういった要素で決まるのか、詳しくみていきます。

1.着物のグレード

まず、押さえておきたいのは、振袖のグレードに関する知識です。
グレードが上がれば、当然のことながらレンタル料金も上がります。
グレードを決定する要素の代表的なものに、着物の「生地」があげられます。
一般的は「正絹」が上質なものとされており、レンタル料金も高くなります。
正絹とは、絹(シルク100%)のことで、滑らかな肌触りで知られています。
蚕のまゆから取られる動物性の繊維であり、生産量も限られています。
古来より最も格式が高い素材の一つであり、高価なものです。
また、しなやかな着心地で長時間着ても着崩れしにくいため、振袖との相性も良いことが特徴です。
保湿性が高いにもかかわらず通気性も良いという、非常に機能的な素材でもあります。

一方、正絹と比較すると手頃なレンタル料金になるのが「ポリエステル」です。
一般の洋服などおなじみの素材ですが、正絹と大きく違うのは石油を原料とした化学繊維だということです。
耐久性が高く、シワなども付きにくいことで普段着に適した素材と言えます。
ひと昔前まではポリエステル素材の着物はあまり良くないというイメージが一般的でした。
しかし、現在では技術の発展によってポリエステル素材の着物でも非常に高い品質が楽しめるようになっています。
絹糸の形状に似せたポリエステル繊維によって生地が織られており、
さらに加工を施して正絹の風合いに近づけたものも実現しています。

素材の他にも、金彩が入っていたりするなど、手間のかかる技法などで作られているものは料金が高めになります。
同じ素材でも、高級な振袖はたくさんの糸が使用されています。
生地の柄でも、手書きのものや手で絞り加工したもの、
柄を手で織り出したものなどはそれだけ価格が上がることになります。
逆に、機械で染めたものに関しては手頃な価格になります。
生地の色の染め方でも価格がかなり変わってきます。
生地を染料で染める「後染め」よりも、
糸の時点で染めてから織り上げる「先染め」では、先染めの生地の価格が高くなります。

2.レンタル期間

レンタル期間も料金に反映されます。
レンタル期間が長いほど料金も上がっていきます。
5泊6日など短いレンタル期間が多い一方、1ヶ月以上借りられるところもあります。
前撮りのスケジュールなどを考えて、余裕のある期間を選ぶことが大切です。
成人式のみの利用の場合は短期間レンタルがほとんどですが、
1ヶ月以上のレンタルを利用すればクリスマスや年末、お正月などに着ていくことができます。
また、あらかじめ申し込んでおけば成人式が終わった後でもしばらくレンタルしておくことが可能な場合もあります。
事前申し込みなしで返却が遅れた場合は、延滞料金が加算されることが一般的なので注意が必要です。

3.サービス内容

どのような振袖を選ぶかでレンタル料金は大きく変わりますが、それ以上に注意したいのがサービス内容です。
プランによって含まれるサービス、含まれないサービスがあります。
まずは基本的なサービスの種類を把握しておくことが大切です。

重要なのが「着付け」や「ヘアメイク」のサービスです。
格安なプランでは完全に別途サービスになっていることが多いため、最も確認しておきたいポイントです。
振袖一式のレンタル料金が安い場合でも、結局は高くついてしまうことも少なくありません。
もちろん、振袖のレンタルとは完全に切り離して美容院やサロンで着付け・ヘアメイクを行うという方法もあります。
好みの問題もありますが、あらかじめ着付け・ヘアメイクどうするか決めておいた方が無難です。

「前撮り」がプランに含まれているかも大切なチェックポイントです。
不要という人もいるかもしれませんが、余裕を持って撮影できることは大きなメリットです。
写真の仕上がりが気になる場合は、スタジオのクオリティにもこだわる必要があります。
着付け・ヘアメイクにも同じことがいえますが、
自分に合うテイストのスタジオを選ぶことが後悔しないための最良の方法です。
スタジオ撮影の他、「アルバム」の料金についても扱いはさまざまです。
撮影料金と現像・アルバムは別料金のケースも少なくないためチェックが必要です。
また、足袋などの「小物プレゼント」がプランに含まれているかどうかでレンタル料金が変わることもあります。

4.振袖のトレンド

振袖のレンタル料金は、需要も反映します。
簡単に言えば、「最新のトレンド色・柄」「定番の色・柄」は人気があり料金も高くなるということです。
逆に、あまり人気がない色や柄は安くなる傾向にあります。

振袖は伝統的なものとはいっても、「流行を取り入れたデザイン」のものが多くあります。
「モダン柄」といわれるものが多く、伝統的なデザインを現代風にアレンジしたり、
薔薇などの洋花を取り入れたりしたものなどがあります。
中には、奇抜なデザインのものもあり、高い人気を集めています。
しかし、一旦ブームが去ると着る人が急激に減っていくため、価格の変動が激しくなります。

人気が安定しているものは、やはり「正統派の古典柄」です。
源氏物語などの絵巻物を模写したものが主流です。
特に、赤系は王道といってよいほど、成人式の定番となっています。
とは言え、トレンドを反映して柄の大きさが変化しています。
また、さし色や柄の数なども違い、着る人のこだわりを反映しています。
人気が集中するため、料金は高くなりがちです。

また、最新の流行とは逆に「レトロ」な風合いの振袖も人気が高まっています。
レンタルではありませんが、
母親が成人式で着た振袖をリメイクして着る「ママ振袖(ママ振)」という静かなブームが起きています。
この流れを受けて、レンタルの振袖でもレトロなデザインの振袖を希望する新成人が増えているのです。

5.作家・ブランド

振袖など、着物には「作家物」と呼ばれるカテゴリーがあり、高い値段がつきます。
レンタルでも同様で、作家物を着たい場合はレンタル料金が高くなります。
作家物にもさまざまな種類がありますが、一流の老舗工房のものはかなりの値段になります。
「老舗ブランド」も同様に料金が高くなります。
通常の振袖の数倍以上は覚悟しておいた方が良いかもしれません。
「千總」「久保耕」といった格式の高いブランドの振袖は、素材から仕立てまでが高級です。
振袖の質にこだわる人は、こういった老舗ブランドが向いています。
また、成人式後に高級ホテルでの同窓会・懇親会などがある場合は最適です。

一方、古典的な振袖とは全く別の方向を向いている振袖ブランドもあります。
これは、「ガールズコレクション」といわれるカテゴリーで、技法ではなくデザインに特化したブランドです。
有名モデルやタレントなどをイメージキャラクターに起用し、毎年さまざまな新作を発表しています。
また、既存の洋服ブランドでも振袖を手掛けているところもあります。
こういった新しい潮流のブランド振袖も料金は高くなる傾向にあります。

レンタル時のチェックポイント

実際に振袖のレンタルを検討する際は、小物などからチェックしていきましょう。
「髪飾り」は基本サービスに含まれていないケースが多くあります。
確かに、ヘアスタイルはそれぞれ違うため、用意しにくいという側面もあります。
「肌着」も低価格のプランでは自分で用意しなくてはいけない場合があります。
「長襦袢」は含まれているものの肌着は別途必要、というケースもあるのできちんと確認が必要です。
「小物一式」という場合でも、選べる内容はプランによってさまざまです。
好みのものを選ぶことができるのかも調べておきましょう。
特に、草履やバッグは、あまり安っぽいと振袖全体を台無しにしてしまう恐れがあります。
ここは妥協せずにしっかり確認しましょう。
また、細かい部分ですが、足袋も手抜きになりがちなので注意が必要です。

そして、最も大事なのがお店の信頼性です。
むやみに身構える必要はありませんが、料金などをきちんと確認しないと、
トラブルが発生するのはどんなサービスでも一緒です。
特に、振袖のレンタルは安いとはいえない全額の料金を事前に納めるため、
お店の法人としての体力もある程度確認しておくことが大切です。
ホームページなどを見れば、実績を確認することができます。
会社自体は小さくでも、地元に密着して長年経営しているお店であれば信頼して任せることができます。
レンタル料金が格安のお店は「無店舗型」というケースもあります。
宅配便などでやりとりをする形態の振袖レンタルです。
最近はこういったサービスに特化したお店も増えています。
お店のスタッフと顔を合わせる機会がないため、ホームページでお店の内容をしっかりと確認することが大切です。

また、自分好みの振袖があるかどうかも大切なポイントです。
確かに、レンタル料金も気になりますが、あまり料金ばかりを気にしていると振袖の選択肢が狭くなってしまいます。
全てを満足させることは難しいかもしれませんが、
明らかに好みでないデザインや自分に似合わない色や柄を選んでしまうと、せっかくの成人式も楽しめません。
お店によっても、力を入れているカテゴリーや得意なカテゴリーが違います。
事前にお店のテイストが自分好みかどうかをチェックしておくことも重要なポイントです。

レンタルするなら早めに行動を

このように、振袖のレンタルはかなり料金に幅があり、用意されているプランの内容もさまざまです。
そのため、まずは基本的なプランの内容を調べ、料金が妥当なのかどうかをチェックすることからはじめることが必要です。
一見安そうにみえても、トータルでは高くついてしまうことがあるからです。
逆に、格安とはいえない料金設定でも、トータルでは満足度が高いというお店もあります。
確かに、料金も気になるところですが、サービスの内容などを総合的に判断することが重要です。

また、最も大切なのは自分が好きな振袖を見つけることです。
お店選びはもちろんのこと、早めに動き出すことが大事なポイントです。
特に、レンタルの振袖の場合は、物理的な成約があります。
お店も無制限に振袖をそろえるわけにはいかないので、数に限りがあります。
当然、人気の振袖から予約が埋まってしまうのです。
あまりに遅い時期にお店を訪ねたとしても、満足のできる振袖を選ぶことは難しくなってしまいます。
振袖レンタルの予約開始は、成人式の2年前から受け付けることが一般的です。
好きな振袖を選びたいのであれば、早過ぎるということはありません。

もちろん、2年前にすぐに予約が埋まってしまうというわけではありません。
特に、振袖のトレンドが気になる人は、 新作コレクションが出回るのを待つという人もいます。
しかし、それでは結局一か八かの賭けになってしまいます。
レンタルの場合は、おすすめできる方法ではありません。
また、着付け・ヘアメイクの予約問題もあります。
これは、レンタルのプラン内サービスの場合でも、外部の美容院・サロンでも事情は同じです。
少なくとも成人式までに1年を切ってしまうと、予約そのものが取れなくなってきます。
何とか予約できても、早朝などの時間になってしまうということも珍しくありません。
思い出に残る成人式にするためにも、早めの行動が大切なのです。

◆日本最大級の振袖情報サイトMy振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」