振袖はリメイクできる!ママ振袖も大変身

成人式で振袖を着る場合に、母親が昔着た振袖「ママ振袖」を着るという人も増えています。
そのままでは着られないということもあるのですが、振袖はリメイクやお直しできるので安心です。
今回は、振袖のリメイク方法について詳しく解説していきます。

着物の母娘

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

古い振袖もリメイクで復活できる!

振袖というと成人式で着るもの、または未婚であれば友人の結婚式で着るものという印象を持っている人も多いでしょう。
そのため、あまり着る機会がないのでもったいないと思っている人も少なくありません。
しかし、振袖は色々な形でリメイクして着ることができます。
母親が成人式で着た振袖「ママ振袖」を補修したりサイズ直しをして着たり、
振袖を訪問着にリメイクする、花嫁が着る引き振袖や色打掛などにリメイクして、
結婚式で利用するなどの方法があるのです。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

ママ振袖のリメイク

タンスに眠っている古い振袖やママ振袖をリメイクして、成人式で着るという人も増えています。
祖母や母親から受け継いだ振袖で成人式に出たいという思いを持っている人も多いのですが、
サイズが違うという場合もあるでしょう。
そのような時には、いったん仕立ててある振袖を解いて、
身丈や裄を出すことでぴったりのサイズにお直しする
ことが可能です。
また、長くしまい込んでいた振袖なので、シミやカビなどが生えてしまっているという場合もあるでしょう。
その場合は、専門の業者にお願いすることでシミ抜きや丸洗いなど、その汚れに合わせて対処してくれます。
どうしてもシミが落ちないといった場合には新たに柄を足して加工する
ほつれてしまった刺繍を直すなどさまざまなリメイクが可能ですから、
シミや汚れがあるからと諦めずに相談してみるといいでしょう。

振袖を訪問着に仕立て直し!

振袖を着る機会はそう多くはなく、成人式で一度着たきりになってしまうという人も多くいます。
また未婚女性しか着られませんから、結婚したら着る機会がなく、しまい込んでしまうということもあるでしょう。
しかし、振袖は高価なものですから、そのままにしておくのはもったいないと考えている人も少なくありません。
もう着る機会がない振袖があるのなら、訪問着に仕立て直すというリメイク方法もあります。
着物は解いて仕立て直すことが比較的簡単にできるものなので、
振袖から訪問着に仕立て直すこともそう難しくはありませんし、
昔は一枚の着物をリメイクしながら着続けていくということが主流でした。
振袖も例外ではなく、袖を着ることで訪問着にリメイクすることができます。
しかし、袖を切ってしまうともう元には戻せなくなりますから、その点だけは注意しましょう。
また、振袖の柄によっては訪問着にすることでバランスが悪くなってしまうというケースもあります。
背中・肩・胸・袖などにかけて模様が一続きになっている絵羽模様や華やかすぎる柄の振袖は、
訪問着にするには不向きだとされています。
上半身に柄が少なく裾に柄が多い振袖などは、訪問着にしてもバランスが崩れにくいので向いているといえるでしょう。
訪問着にリメイクする場合には、専門店に相談してみてバランスが崩れないかどうか、
訪問着にリメイクするのに適しているかどうかを確認してみてください。

振袖は和装花嫁の着物にもなる!

振袖は和装花嫁の着物にリメイクすることも可能です。
花嫁が着る和装としては、白無垢がメジャーとなっていますが、
それ以外にも引き振袖や色打掛といったものがあります。
引き振袖は振袖の一種で、振袖の中ではもっとも袖の丈が長いものです。
結婚式の花嫁衣装としても着られるもので、大振袖とも呼ばれています。
成人式で着られるのは一般的には中振袖と呼ばれるもので、袖の長さが大振袖よりも短くなっているのです。
また、中振袖は下着がついていないなどの違いがあるのですが、
裾を長くして比翼仕立てにするなどの加工をすることで、
成人式の衣装を花嫁衣装としても使える大振袖にリメイクすることが可能になります。
また、大振袖ではなく色打掛にリメイクすることもできますので、
結婚することで振袖を使わなくなるのはもったいない、母親の振袖をリメイクして花嫁衣装にしたいという場合には、
大振袖や色打掛などへのリメイクを検討してみてください。

ドレスや小物にリメイクする場合も

振袖のリメイクとしてサイズ直しや訪問着、花嫁衣裳というのは想像がつきやすいでしょうが、
それ以外のものにリメイクすることもできます。
たとえば、ドレスや小物といった洋装にリメイクすることも可能なのです。
結婚式で和装を着ないので、ドレスとしてリメイクしたいと考える人もいるでしょう。
そのような場合には、振袖を活用してドレスを作るということもできますから、
活用方法の一つとして検討してみてはどうでしょうか。
ハサミや縫製することなくドレスに仕立て上げるというサービスを展開しているところもありますので、
調べてみてください。
ドレスだけでなく普段使いできるワンピースなどにリメイクすることもできますから、
ドレスの使い道がないという場合にはワンピ―スなどにするのもいいでしょう。
そのほかにも、振袖の生地を使ったアクセサリーやバッグ、日傘などさまざまな小物にリメイクすることが可能です。
ピアスやかんざし、シュシュなど色々なアクセサリーにリメイクすることができますし、
キットなどを使えば自分でリメイクすることもできるのです。
プロのリメイクには敵いませんが、自分で作ったことにより愛着が湧くでしょうから、
自分で作ってみたいという場合には試してみてください。
振袖に使用されていることの多い絹は、紫外線を防ぐ効果がありますので日傘にリメイクするのもいいでしょう。
普段使いするだけでなく、和装にも合わせやすい日傘が出来上がります。
また、生地を利用してバッグを作ることで世界に一つだけのバッグを作ることができるのです。
店によっては作れるバッグの形が違いますので、自分の好みの形のバッグを作ってくれる店舗を探してみるといいでしょう。

振袖をリメイクするときの注意点

振袖をリメイクする場合には、注意してほしいポイントがいくつかあります。
まずは、ハサミを入れてしまうようなリメイクだと元に戻すことは不可能ということです。
振袖から訪問着にリメイクするというような場合には、袖を切ってしまうことになりますから、
後から元に戻したいと思っても、元の状態に戻すことは不可能なので、
しっかりと考えてからリメイクするようにしてください。
特に、祖母や親から受け継いだというような思い入れの強い振袖の場合には、
周囲の意見もしっかりと聞いてから決めた方が無難です。
花嫁衣裳にリメイクする場合には、
ハサミを入れずにリメイクしてくれるというようなサービスを展開している店もありますから、
ハサミを入れたくないという場合にはそのようなサービスをしている店舗を探して依頼してみてください。
また、リメイク後のイメージをしっかりと思い描いて、お店側に伝えるようにしましょう。
きちんとイメージを伝えて、リメイク可能かどうかを確認することが重要です。

振袖はリメイクもできる

このように、振袖はそのまま受け継ぐこともリメイクすることもできるユニークな着物です。
カビや汚れが目立つようなら補修をしたり、
サイズが違えば仕立て直しをしたりすることで次の代まで着ることができますし、
さまざまな形でリメイクすることが可能になっています。
和装へとリメイクするだけでなく、ドレスなどの洋装、バッグなどの小物にリメイクすることもできますから、
もう着ることがないと思うのなら、色々な方法でリメイクしてみてはどうでしょうか。

◆My振袖ドットコム〜あなたのための振袖探し〜◆

あなたのための振袖探し「My振袖」