似合う1枚を探す!失敗しない振袖の選び方

雑誌やメディアできれいな振袖を目にする機会もあると思います。
赤やオレンジの暖色系、青やピンクの寒色系など華やかな振袖がたくさんあり、
どれにしようか迷ってしまいますよね。
失敗しない振袖選びのポイントを押さえて、一生に一度の成人式を自分に似合う振袖で過ごしましょう。

成人式の様子

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

人によって似合う振袖は違う!

知っていますか?
パッと目を引く振袖、人気の振袖、好みの振袖、必ずしも全てが自分に似合うとは限らないのです。
振袖は無地一色ではなく、様々な染め方で独特の風合いをしています。
デザインも派手な物からシンプルな物、大きな柄の物や小さな柄の物、本当に多くの種類があります。
顔のパーツや自分の背丈、肌の色や髪の毛の色まで全てをトータルしてバランスを考える事が大切です。
似合わない振袖を選んでしまうと、かえって肌がくすんで見えたり、太って見える事があるので注意しましょう。
洋服は自分を引き立たせるアイテムですが、振袖は自分が目立ちすぎても、振袖が目立ちすぎても良くありません
一度きりの成人式なので後悔しない為にも実際に色々な振袖をみて、顔写りなどをチェックしましょう。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

肌の色に合わせて選ぼう

日本人の肌は黄色人種に分類されるように、黄味がかった人が多いです。
しかし、日本人の中でも色黒や色白と言われる人がいたり、肌の色は十人十色でみんな違います。
日本人の肌を色や性質から、黄味が強い「イエローベースタイプ」と、
青みが強い「ブルーベースタイプ」の2つに分類することが出来ます。
あなたはどちらのタイプでしょうか?
目の下の青い毛細血管が目立つ人や、頬や唇の色素が多くてうっすらピンク色の人はブルーベースタイプ、
目の下の青い毛細血管が目立たない人や、
頬や唇の色素が少なくて肌色かそれより濃い色の人は「イエローベースタイプ」となります。
他にも、白目がほんのり青ければブルーベース、アイボリー系であればイエローベースと言われています。
一度鏡でチェックしてみましょう。
肌の色のタイプによって、それぞれ顔写りのいい色と悪い色があるので、
自分がどちらに分類されるのかを認識してそれぞれに合った選び方をしましょう。

ブルーベースの振袖選び

「ブルーベース」とは、青みの強い涼しげな印象の肌を持つ人を言います。
オレンジ系のリップやベージュのリップがしっくりこない人も「ブルーベースタイプ」になります。
特徴として、似合う色はオレンジ系よりも青系やグレー系の寒色系で、
日焼けをすると赤くなり黒くはならない、アクセサリーはゴールドよりもシルバーが似合う事があげられます。
「ブルーベース」は更に2つに分類することが出来ます。
目の下にクマが出来やすく、肌が青白く見える人はサマータイプに当てはまります。
フェミニン、清楚、穏やかと言った印象を持つ人が多いです。
このタイプはソフトで柔らかくて優しい色を選ぶと良いでしょう。
ラベンダー色のと相性がとても良いです。
サマータイプの人の色選びの基本は、ピンク系統の色を選ぶ事です。
オレンジ系統の色を選ぶと肌の色がくすんでしまうので、肌を綺麗に見せたいときはピンク系の色を選びましょう。
さらに、ハッキリとした原色よりも、ふんわり優しいパステルカラーの方が良く似合います。

もう一つのタイプがウィンタータイプです。
黒目と白目のコントラストがはっきりしていて、髪の毛もしっかりした黒という人が多いです。
目力が強く、全身真っ黒の服を着てもよく似合います。
このタイプは、原色やそれに近いはっきりとした色や、ロイヤルブルーなどもウィンタータイプの人によく合います。

振袖の選び方もこれらを参考にするとよいでしょう。
ブルータイプに共通して言える事は、黄味の入った色やベージュは避けて、透明感のあるパステルカラーを選びましょう。
水色は黄味が入っているので避けましょう。
しかし、ブルータイプにも優しい色が似合うタイプや原色が似合うタイプがあるので、
それぞれの特徴を考えて選ぶと良いでしょう。

イエローベースの振袖選び

日本人のほとんどがこの「イエローベース」にあてはまります。
黄色味が強く暖かい印象です。
グレー系やブルー系のアイシャドウは肌がくすんで似合わない、と言う人がこれにあてはまります。
特徴として、似合う色はブルー系よりもベージュやブラウン
アクセサリーはシルバーよりもゴールドが似合う事があげられます。
「イエローベース」も更に2つに分類することが出来ます。
肌につやがありくすみのない色白の人がスプリングタイプに当てはまります。
春をイメージさせるような、キャンディカラーなどの明るい色がよく似合ます。
ブラウン系を選ぶときは、こい茶色よりも、明るい茶色をメインにしましょう。
スプリングタイプの人の色選びの基本は、ポップで明るい印象の色を選ぶことです。
ピンクでもコーラルピンク、イエローでもイエローグリーンのような春らしい色を選びましょう。

もう一つタイプがオータムタイプです。
スプリングタイプよりも肌の色がワントーン暗く、マット感のある肌が特徴です。
少し暗めの色、茶系やゴールドが良く似合います。
秋をイメージさせるようなオレンジ系や赤系もお勧めです。

振袖の選び方もこれらを参考にしましょう。
イエロータイプに共通して言える事は、
ブルー系は避けて黄味がかった色やオレンジ系などの暖色系が似合うと言うことです。

体型に合わせて選ぼう

自分に似合う振袖の選び方として、肌の色だけではなく体型に注目する事も大きなポイントの一つです。
同じ色や柄の振袖を、身長や体型の全く違う人が着ると印象が違って見えることがあるのです。
雑誌で見ていいなと思っても、実際自分が着てみると何か違うと思うことがあります。
それは、身長や体型の違いでそう見えていることがあるからです。
背の高い人、低い人、大柄な人、小柄な人それぞれに似合う振袖の色や柄があるので紹介していきます。

1.身長に合わせた選び方

背の高い人は振袖の見える総面積が長くなります。
その為、大きな柄の物を選ぶととても目を惹きます
総柄と言って、全体に柄がある振袖もお勧めです。
一生に一度なので、思い切って大胆な柄に挑戦してみるのも良いでしょう。
振袖の地色は濃い目を選ぶのがお勧めです。

小柄な人は、細かく繊細な柄がお勧めです。
地色を白地やピンクなどの明るい色にすると、柔らかく優しい印象に見せてくれます。
大胆な柄をキュートに着こなすこともできますよ。
大きな柄が好きな人は、地色で雰囲気を調節して似合う振袖を見つけましょう。

2.体格に合わせた選び方

ぽっちゃりした人は、普段から細く見えるように服を選びます。
振袖の選び方も同じで、全体的にすっきりとしたデザインや濃い目の色の振袖を選ぶと細く見えます。
縦じまは洋服でもよくあるデザインですが、
振袖にはナナメ柄もあり、どちらを選んでもより細く見える効果があります。
和装に似合う体型は寸胴と言われます。
その為、細身の人パステルカラーなどの膨張色やボリューム感のある絞り柄の振袖がお勧めです。
縦じま模様は、より細くみえてしまうので控えたほうが良いでしょう。

早めに探すのがおすすめ

振袖選びは2年前からスタートするべきと言われています。
驚く人もいると思いますが、実は成人式の2年前に初めてお店に行ったという人がとても多いのです。
そのくらい振袖選びには時間が必要なのです。
しかし、自分に似合うものをわかっていれば自信を持って振袖を探せます。
一生に一度の成人式なので、最高の形にしたいと思っている人がほとんどです。
人気の振袖は驚くほど早くなくなります。
せっかく見つけた振袖がなくなってしまうことがないように、早めの準備を心がけましょう。

◆延べ10万人のハタチが使った!成人式の振袖探しはMy振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」