爪の先まで気を抜かない!振袖に合うセルフネイル

一生に一度の成人式。
振袖を選んだりヘアアレンジしたり考えただけでワクワクしますね。
もちろんネイルも気になるポイント。
振袖を着るときネイルをしなければならないというルールはありませんが、
せっかくの晴れの日なので爪先のオシャレも楽しみたいですよね。
そこで自宅でも出来るセルフネイルを紹介したいと思います。
ぜひ振袖に合わせたネイルを見つけてみてください。

ネイル

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖ネイルってどんなものがいいの?

成人式に着る振袖と言えば華やかで豪華絢爛なものが多いですよね。
そんなときのネイルはシンプルで控えめなデザインを合わせると派手になりすぎず、上品にまとまります。
相乗効果で着物も引き立ちます。
デザインに迷ったらまず最初に着物の地の色に合わせてベースの色を決めましょう
そこからアクセントカラーに着物の柄や帯から色を選び、
絵柄に合わせてデザインを決めていくことで統一感が出て、
セルフネイルでもワンランク上のオシャレが楽しめます。
更に普段遣いもできるシンプルなデザインにすれば、
着物を脱いだ後すぐにオフする必要がなく、そのまま普段の生活でネイルが楽しめるのもメリット。
派手になりすぎず、洗練されたデザインを考えましょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

おすすめのセルフネイルデザイン

振袖ネイルをするとき、ネイルサロンで施術してもらうのももちろん良いのですが、
お金もかかるし成人式前は混雑していて予約が取れない場合もあります。
先述したように振袖ネイルはシンプルなデザインがベストなので、
自宅でのセルフネイルでも十分満足のいくネイルを仕上げることができます。
でも普段あまりセルフネイルをしない方や、シンプルなだけにデザインに迷ってしまうこともありますよね。
ここからはセルフでできるおすすめのデザインをいくつか紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

【おすすめ1】ワンカラー

セルフネイルの基本、ワンカラーはシンプル過ぎるようで実は、
色や柄の多い振袖にはもってこいのデザインです。
そしてなんと言っても簡単にできるのも魅力のひとつです。
ポイントは着物と色を合わせること。
着物の地の色を使うとまず失敗はありません!
また、着物の柄の中から目立つ色を選んでも統一感が出ます。
上級者の方は着物の反対色にトライしてみてはどうでしょう。
指先が強調され引き締まった印象になります。
また、赤や緑など濃い色の着物には金や銀、黒なども相性が良いです。
反対にピンクや黄色など淡い色の着物は着物の同じ色や薄い色にするなど、
着物と爪先のトーンを合わせると良いでしょう。

ワンカラーを成功させるコツは丁寧に2〜3度重ねて塗ること。
そうすることで色ムラも減り、艶が出て仕上がりが格段とアップします。
寂しく感じる場合はラインストーンやラメ入りネイルを重ねて華やかな印象に。
メタリックネイルやミラーネイルなど塗るだけで一味変わったデザインを楽しめるネイルもあるので、
まわりと違うネイルをしたい方はそちらをチョイスしてみてください。
レトロな柄の着物の方は指によって何色か使い分けても可愛いですね。
その場合は基本は着物の色と合わせて、
一色だけアクセントカラーを入れる
とメリハリが出て全体が引き締まります。

【おすすめ2】フレンチネイル

定番のフレンチネイルも振袖に合わせてぜひトライしたいデザイン。
セルフでやるには少し難しい?と思ってしまいますが、
マスキングテープやネイルシールを使えば簡単に自宅で出来ちゃうんです!
テープやシールは100均にも売られているのでデザインに合わせて用意しましょう。
フレンチのラインが直接の場合、マスキングテープを使えば簡単に作れます。
ベースとなる色を塗りよく乾かした後、色を残したい部分にマスキングテープを貼り、他の色を重ねて塗ります。
そしてテープを剥がせばもうフレンチネイルの完成です。
コツは爪の両端までテープをしっかりつけること、一度塗りで仕上げるため発色の良いネイルを使うことです。
カーブのついたネイルシールを使う場合でも基本の塗り方は同じ。
あとは幅を変えたりラインを逆さに向きをしてみたり、斜めフレンチにするなど
アイディア次第で様々なデザインのフレンチネイルが楽しめます。
色の組み合わせを考えるのも楽しみのひとつ。
同系色同士を合わせると派手になりすきず失敗も少ないです。
逆に反対色同士の組み合わせに挑戦しても良いですね。
その場合、色のトーンを合わせると対立せず色同士が馴染みます。
ちょっと線が歪んでしまっても、上からラインストーンやテープで飾り付ければ可愛く隠せちゃいますよ!

【おすすめ3】グラデーション

大人っぽいネイルにしたい、凝ったデザインにしたいと思っている方におすすめなのがグラデーションネイル。
上品でおしゃれなのに実はセルフネイル初心者の方でも簡単にできる、有能デザインなのです。
まずベースカラーを塗り、乾いたところにフレンチネイルを塗る要領で
重ね塗りをしながら境目をポンポンぼかしていきます。
それを理想の濃さになるまで繰り返すのがグラデーションの基本の塗り方。
一気に濃くするのではなく、面倒でも少しずつ色を足していくのがコツです。
単色グラデーションならひとつのネイルで出来るので、お手軽に凝ったデザインが楽しめます。
その他にも2色グラデーションやラメを使ったグラデーション、縦のグラデーションにしたり、バリエーションもたくさん。
ヌードカラーでグラデーションを作り、ラメを散りばめると大人っぽい指先になり成人式にもぴったりです。
グラデーションの上からアートを楽しむのも良いですね。
ラインストーンやシールを貼れば清涼感のあるネイルの完成です。
そして振袖を脱いだあと、普段着とも馴染みやすいのも嬉しいポイントです。
グラデーションの作り方を詳しく説明した動画などもあるので、
この機会にぜひトライしてみてはどうでしょう。

【おすすめ4】和柄ネイル

せっかく振袖を着ているのだから、着物に合わせていつもと違うネイルを楽しみたい!
という方にぜひ挑戦してほしいのが和柄ネイル。
着物の柄をポイントで取り入れると、
振袖とトータルコーディネートされたワンランク上のおしゃれが楽しめます。
柄を入れるとどうしてもゴチャゴチャしやすいので、指先全体に柄を入れるのではなく、
ポイントで何本かに限定したり、部分的に入れるのが良いでしょう。
もちろん、色は着物に合わせて。
帯などの小物から色や柄を取り入れても良いですね。
手描きの場合ストライプが描きやすいので初心者の方もトライしやすいです。
マスキングテープを使えば綺麗な線が簡単に描けるので、
あとはストライプの幅を変えたり、上からラインストーンやシールを貼ると更に雰囲気が出てきますね。
桜や市松模様などの定番模様や、椿やつばめをポイントで描くのも華やかでおすすめ。
金色のネイルやシールをポイントで入れると和の印象がアップします。
大人っぽい着物には黒と金の組み合わせが、淡い色の着物には白と金の組み合わせがおすすめ。
手描きが難しい場合は、市販のネイルシールを使うと簡単に綺麗に仕上げることができますよ。
ラメ入りネイルやグラデーションに合わせると、上品で艶やかな印象になり着物にもぴったり。
あなたならではの個性的なデザインでまわりに差をつけてみてはどうでしょう。

振袖を着るならネイルも楽しもう

ここまで自宅でできる振袖ネイルを紹介しました。
セルフネイルは難しいと構えずに、まずは簡単なデザインから、
市販のシールや道具を使ってどんどん楽しんでトライしてみてください。

成人式は成長を喜び、ご両親に感謝をする日でもあり、久々に会う友達にたくさん会える特別な日。
写真を撮る機会も多いので指先までおしゃれにしていきたいですね。
普段なかなか着ることのない振袖に合わせて、
髪型やメイクだけでなくネイルもトータルコーディネートして、一生に一度の大舞台を楽しんでください。

◆振袖探しはお早めに!My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」