振袖の防寒対策といえばショール!おすすめはどんなもの

成人式が行われる1月は、まだまだ気温が低い冬のまっただなか。
成人式の当日に雪が降ることもありますので、しっかりと寒さ対策をしておきましょう。
振袖を着るときに多くの女性が利用しているのが、ショールです。
今回は、振袖に合わせるショールの選び方をご紹介します。

振袖の後ろ姿

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

振袖の防寒対策はショールが定番

真冬に振袖を着る場合、防寒対策としてショールを合わせるのが定番のスタイルになっています。
実際、成人式用に振袖をレンタルする際にも、ショールを一緒に利用している人も少なくありません。
和服の防寒対策では、和装用のコートなども広く用いられますが、振袖の場合は袖の長さなどがネックになり、この手のコートが着られないのが難点。
振袖の袖は丈が長いため、コートを着ずにショールで寒さをしのぐのが一般的です。
振袖を着るときには髪をアップスタイルにする人が多いですが、髪を上にまとめると首元が寒いという問題がでてきます。
うなじがむき出しになると、冷えを招く一因になってしまいます。
こういったときにショールが1枚あると、体感温度がかなり違ってくることが多いです。
首元を暖かくすることは、一般的に重ね着に匹敵する効果があると言われています。
このような理由から、冬に振袖を着るときにショールはなかば欠かせない防寒アイテムになっています。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

振袖に似合うショールって?

振袖に合わせるショールには、さまざまな種類があります。
定番は白系のショールですが、ほかにもいろいろな素材やカラーのものをコーディネートできます。
振袖のショールの場合、これでなければいけないといった決まりはありませんので、
着物の柄などを考えて好みのものを選びましょう。
ショールの素材やカラーの選び方には、とくにこだわりたいところ。
選ぶときには、鏡でコーディネートのバランスをチェックしておくといいかもしれません。
振袖姿に合わせやすいショールについて、いくつか例を挙げてみましょう。

1.白のふわふわショール

ふわふわの素材で作られた白のショールは、振袖姿にはとくにおすすめできるアイテムと言えます。
成人式の写真でも、こういった白いふわふわショールを身につけている女性はかなり多く見られます。
実のところ、白はどんな色の着物にも合わせやすいカラーです。
振袖のような豪華な着物にはいろいろな色が使われていることが多いですが、
白いショールであれば赤や黒、青といったヴィヴィッドな色の着物の色に合わせても
すっきりとコーディネートが決まります。
また、顔周りを明るく見せる効果があるのも、白いショールの魅力。
顔が明るく見えれば、記念写真も美しく撮れる可能性があります。
ふわふわの素材はリッチでゴージャスな雰囲気を演出してくれますので、
振袖姿を優雅に見せたいときにも白いショールは一役買ってくれます。
振袖のインパクトに負けることなく、柄の美しさやメイク、ヘアスタイルなどを引き立ててくれるところは、
白いふわふわショールが人気を得ている1つの理由といえるでしょう。

2.毛皮のショール

少しエレガントな雰囲気で決めたい人には、毛皮のショールもおすすめです。
ラビットファーやブルーフォックスのショールは、振袖などの和装スタイルに思いのほかしっくりとなじみます。
色のバリエーションが幅広く、振袖の柄や目指す雰囲気に合わせて選べるのも毛皮のショールのいい点です。
例えば、ラビットファーは毛足が比較的短いため、リッチな雰囲気を出しながらもすっきりとまとめられます。
ラビットファーには、ナチュラルなブラウンやベージュといった定番のカラーのほかにも、
ブラックやピンク、グレーなどのオシャレなカラーもあります。
選んだカラーによって、モダンな雰囲気になる点も見逃せません。
また、ブルーフォックスなどの毛皮は、肌触りの良さやゴージャスな雰囲気が魅力になっている素材です。
毛足がやや長いことから防寒効果も高く、首元を暖かく保ってくれるでしょう。

3.羽毛ショール

肌触りの良さにこだわる人におすすめなのが、例えば羽毛のショール。
ダウンジャケットにも使用される羽毛は保温効果が高く、見た目もエレガントです。
何より羽毛は軽いので、肩こりの原因になりにくいのもメリットです。
振袖を着ると肩が凝ってしまう、という人は、ショールには羽毛などの軽い素材を選んでみるのもおすすめです。
羽毛のショールは、デザインにもさまざまなバリエーションが見られます。
羽毛ならではのふわふわの質感を際立たせたデザインもあれば、
いろいろな羽毛を組み合わせて立体的に仕上げた、少しモダンなショールもあります。
商品の書類は予想以上に豊富ですので、好みのデザインのショールを選んでみましょう。
ピンク色や水色に羽毛を染めたものや、他の素材と組み合わせたオシャレなショールも出回っているため、
アイディア次第でさまざまなコーディネートが楽しめます。

4.カシミアショール

カシミアのショールも、振袖におすすめの1品。
カシミアは肌触りの良さもさることながら、防寒性にも優れています。
少し大判のショールでも好きな大きさに折りたためるので、使い勝手がいいのも魅力の1つ。
カシミアのショールの場合は、選べるカラーが多いという特徴があります。
白やグレーなどの定番のカラーはもちろんですが、コーラルピンクやアイボリー、
ミントグリーンといったパステルカラーも選べます。
こういったカラーを振袖の柄とコーディネートしてみるのもおすすめ。
同系色でまとめたり、補色を取り入れて華やかなスタイルに仕上げたりして、振袖姿をすてきに演出してみましょう。
カシミアのショールは無地以外にもいろいろなデザインがあります。
ファーやビーズ、スパンコールなどがついているデザインもあり、
遊び心のあるコーディネートを完成させたい人にもカシミアのショールはおすすめです。

5.レース・刺繍ショール

軽やかな雰囲気をだしたいときや、少し個性のあるコーディネートを完成させたいときには、
レースや刺繍入りのショールを選んでみるのもおすすめ。
例えば、繊細で優雅なベルギーレースや中国伝来のスワトウ刺繍のショールは、
振袖姿にガーリーな雰囲気をプラスしてくれます。
このような素材のショールは、デザインも千差万別。振袖の柄とコーディネートをして、
洋服と同じようにオリジナルのスタイルを完成させることもできます。
レースや刺繍のショールの場合、素材を選べば暖かさの点でもとくに問題はありません
例えば、カシミア素材とレースや刺繍を組み合わせたショールなどは、首回りの保温にも最適。
首元に美しいショールを持ってくれば視線が上に集まるため、スタイルがよく見える可能性もあります。
振袖の柄によっては、洋風のデザインとも思いのほか相性がいいことがあるので、自由にショールを選んでみましょう。

振袖ではショールにもこだわろう

振袖は、合わせるショールによってガラリと雰囲気が変わります。
定番である白のふわふわショールやファー素材のショールのほかにも、さまざまなショールがあり、
振袖に合わせてショールを選んでみると和装を思い切り楽しめます。
ショールを選ぶときには、トータルコーディネートにこだわるのがポイント。
顔周りだけでなく全身の姿を鏡で見て、ベストなショールを選んでみましょう。
ヘアアクセサリーや帯締め、バッグなどの小物類と、ショールをコーディネートしてみるのも楽しい試みです。
カラーだけでなく質感にもこだわれば、オシャレな振袖姿が完成するでしょう。
成人式では多くの女性が振袖を着るため、ともするとコーディネートが他の女性と同じになりがちです。
ショールの選び方に工夫を凝らして、式場で一目置かれるような振袖姿を演出してみましょう。

◆振袖をはじめとする呉服・着物探しはMy振袖ドットコムへ◆

あなたのための振袖探し「My振袖」