平組って何?帯締めの種類と結び方

人生の節目である成人式には、晴れやかな着物で参加したいと考えている人も多いでしょう。
しかし、振袖のセットを一式見ると様々なアイテムがあり、何をどう使って良いかわかりませんよね。
そこで、今回は振袖をピシッと着こなすための要である、帯締めについてご紹介しましょう。

帯締

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

帯締めの役割を知っておこう

帯締めとは帯の真ん中に結ぶ細い飾り紐の事で、着物に華やかな彩りを添えてくれたり、
さりげないおしゃれをアピールできるアイテムです。
しかし、飾りのためだけでなく、帯締めは着崩れを防止するのにも大きな役割を果たしています。
もともとは、歌舞伎役者が着崩れを防ぐために使用していたのを、女性が真似て使い始めたのが由来だとされています。
近年は着物だけでなく、おしゃれのアクセントとして浴衣に使用する人も増えているようです。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

帯締めにはどんな種類がある?

帯締めには、平組、丸組、丸ぐけという3つの種類があります。

平組は平らに組んであるフラットな形状の帯締めで、最もポピュラーなスタイルです。
平組といっても組み方によって細かく分類され、普段使いにぴったりな冠組、礼装に重宝する高麗組などがあります。
組み方や色で、カジュアルやフォーマルなどシーンに合わせて使い分けるようにしましょう。

丸組は丸く組んである円柱状の帯締めで、結びやすく初心者の人でも扱いやすいのが特徴です。
太めのものや飾りがついたものは成人式で使用されることも多く
太さや色によってカジュアルとフォーマルを使い分けます。

丸ぐけは細長い布に芯を入れ、縫い合わせて作られた帯締めです。
和裁の用語で縫い合わせることを「くける」と言うため、丸ぐけと呼ばれています。
中に芯が入っているためボリュームがあり華やかな印象となるため、振袖や色打掛などに使用されます。
普段使いからおしゃれ着まで活用できる帯締めです。

帯締めの基本的な結び方

帯締めを結ぶ時は、若い人は上気味に、年配の人は下気味に整えるのが一般的な慣習となっています。
結び方には様々なスタイルがありますが、まずは基本的な「本結び」からマスターしましょう。

本結びの手順

  1. 帯の上に巻くような形で左右の長さを同じにして帯締めを持ち、中央で揃えます。
  2. 帯締めの左右の重ねは着物と同じであるため、右手側が上になるようにして交差させます。
  3. 上に重ねた帯締めを下から上に通してひと結びし、結び目がずれないように左指でしっかりと押さえます。
  4. 上に出てきた帯締めの端を輪を作るように下へ降ろし、交差した部分がずれないように右指で押さえます。
  5. もう一方の端を輪の中へ向かって下から上へ入れ込み、交差した点を左指で押さえます。
  6. 輪の中に入れた端を引っ張ります。
  7. 輪の中をくぐらせた帯締めの根元をしっかり右指で押さえます。
  8. 左手で帯締めを引き締めます。
  9. 帯締めの際から重ねて脇に差し込み完成です。
    最後に、結び目が体の中央に来るように調整します。
    結婚式のようなおめでたい席では左右の房を上向きに差し込み、
    お葬式のような悲しみの席では、左右の房を下向きに差し込むようにするのがマナーです。

振袖に合う変わり結びいろいろ

本結びの手順をマスターしたところで、次は変わり結びのバリエーションをご説明しましょう。

藤結び

藤結びは振袖のような華やかな着物にぴったりの結び方で、可愛らしい印象の結び方です。

  1. 左を上にして重ね、下から上へ二巻きしてしっかりと締めます。
  2. 右側の紐を左側に持ってきて、その上からもう一方の紐で下から上へ二巻きして締めます。
  3. 房は、右上左上で処理して完成です。

クローバー結び

四葉のクローバーをモチーフとしたキュートな結び方で、若い人にぴったりの結び方です。

  1. 左を上にして重ね一巻きして締め、帯締めの端を結び目の下から上に通します。
  2. 同じ先端を今度は結び目の上から下に通し、リボンの形状を作ります。
  3. もう一方の帯どめの端を結び目の下から上に通します。
  4. 同じ先端を今度は上から下に通すし、形を整えたらクローバー結びの完成です。

蝶結び

蝶結びはシンプルですがアレンジの効く結び方で、帯どめの形状によって華やかな印象にすることができます。

  1. 左を上にして重ね一巻きして締め、蝶結びをします。
    輪の部分は小さめにし、緩まないようにしっかりと結ぶのがコツです。
  2. 垂れている両端部を上から下へ結び目の裏から通して完成です。

リボン風結び

リボン風結びは色遣いによって印象が変わり、大人っぽくも華やかにも演出できる結び方です。

  1. 左を上にして重ね一巻きして締め、ねじってリボン風に結びます。
  2. 房を下に垂らし形を整えたら完成です。

ねじり結び

ねじり結びはシンプルに結べるのにゴージャスな印象になる結び方です。

  1. 左を上にして重ね一巻きして締めた後、蝶結びをします。
  2. 残った房を交互にねじり、脇に差し込んで完成です。
    ねじることで強度も増し、型崩れしにくくなるというメリットもあります。

帯締めを選ぶときのポイント

帯締めを選ぶ時は、着物と帯との両方に調和するものを選ぶことが第一のポイントとなります。
色の選び方としては、着物もしくは帯に使用されている色から1色を選ぶ
もしくは着物か帯のメインとなる色の補色を選ぶのが一般的です。
特に着物の地色と合わせると馴染も良く、全体的な印象も引き締まります。
ただ、帯揚げの色と同じにするのは避けるようにしましょう。

次のポイントは帯締めの長さですが、余裕をもって結べる長さのものを選ぶのが賢明です。
特に変わり結びをする場合は、本結びをするよりも長さが必要となるため、長めのものを選ぶと良いでしょう。
帯締めにはサイズ表示が記載されており、Sサイズは135センチ以上145センチ未満、
Mサイズは145センチ以上155センチ未満、Lサイズは155センチ以上165センチ未満、
LLサイズが165センチ以上175センチ未満となっています。
Mサイズが一般的な帯締めのサイズとされているので、こったデザインの変わり結びをする際は、
余裕を持ってLサイズもしくはLLサイズにするのがおすすめです。

そして最後のポイントは帯締めの素材です。
シルクや木綿、レース、ラメ糸など、様々な素材の糸で作られたものがありますが、
シルクや木綿は生地が滑りにくく、着崩れしにくい点が優れています。
特にシルクは上品で、成人式にも適した素材と言えるでしょう。

帯締めを選ぶ時は、これら3つのポイントに重点をおくと調和のとれたものが選べるはずです。

帯締めは着物をまとめる重要な役割

帯締めは一本の紐でありながら、ファッション性を高めたり着崩れを防ぐなど、大きな役割を担っているアイテムです。
帯締めが外れてしまうと、なし崩し的に着崩れが起きてしまうため、外れないようにしっかりと締めることが大切ですね。

成人式に振袖を着るとなると、どうしても振袖本体にばかり目を向けてしまいがちですが、
帯締めのようなアイテムにこだわることこそ、センス良く着物を着こなすコツだと言えます。
着物通の間では、おしゃれな人ほど小物にお金をかけると言われています。
なぜなら、せっかく高価な着物を着ても、小物がそれに見合う価値でなければ、着物自体の価値も下げてしまうからです。
帯締めが着物全体の価値を決めると言っても過言ではないでしょう。

着物を着ると背筋もピンと引き伸ばされ、気分も凛々しくなりますよね。
成人式という晴れ舞台で着るのに最適な衣装です。
また、和装はその楽しさを知れば知るほど、病みつきになってしまうものです。
これを機会に、和装のコーディネートをマスターするのも良いかもしれませんよ。

◆成人式・結婚式のための振袖情報・クチコミ―My振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」