振袖の下着はどうする?和装専用のインナーも便利

成人式で振袖を着る際には、着物の他に下着も用意する必要があることを知っていますか。
振袖用の下着は、どのようなものを準備するのがいいのでしょうか。
成人式の前に慌てないためにも、下着について知っておきましょう。
今回は振袖の下着について説明します。

振袖の着付け

           あなたのための振袖選び「My振袖」

和装の下着は肌襦袢と裾よけが基本

振袖に限らず、和装の時には和装用の下着を着ます。
和装用の下着は、肌襦袢と裾よけを着用するのが基本です。
この肌襦袢や裾よけは体から出る汗や汚れを吸収し、肌を清潔に保つ役割があり、
長襦袢を汚さないといった役割をもっています。
また、これらを着ることで室内から室外へ出た時などの急な温度変化から、体を守ることもできます。
成人式が行われる冬場には、防寒の役割も果たしますので、長襦袢の下には必ず肌襦袢や裾よけを着用しましょう。

肌襦袢は着物と同じように前を合わせて着るのが一般的で、
長襦袢と肌の間でなじみ、着崩れを防ぐためにも欠かせないものです。
下着ですので、吸収性や保湿性、肌触りのよさや丈夫さを考慮して選びましょう。
白のさらし素材が一般的ですが、季節によって素材が選べます。
寒い時期に行われる成人式の場合には、保湿性の高いガーゼ素材を選ぶのもおすすめです。

裾よけは、着物の裾が傷むのを防ぐ目的として江戸時代に考案されました。
長襦袢の下につけることで裾さばきをよくし、歩きやすくなるのが特徴です。
さらに着崩れを防ぐ役目もあります。
裾よけの素材には絹製や綿、ポリエステルなどがありますが、キュプラ素材は丈夫で静電気がおきにくいため、
着物を着慣れていない若い世代にはぴったりの素材であると言えるでしょう。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

振袖のときも基本はノーブラで

和装を着る時には基本的にはブラジャーをしません。
そのため、振袖の時にもブラジャーをしないと覚えておきましょう。
というのも、着物と洋服は全く違った構造をしています。

洋服というのは、生地を体の曲線に合わせて裁断していますので、体の凹凸に合わせて作られているのが特徴です。
ですので、メリハリのある体の方が洋服をきれいに着こなせます。

一方で着物は生地を直線に裁断します。
全体が直線で作られていますので、寸胴型の体型であると着物が似合うとされています。
胸のボリュームを抑え、平らな胸を作ることで、着物姿がより美しくなるのです。
そういった理由から和装を着る際には、ブラジャーなどで大きく盛り上げるのではなく、布などで平らに補正します。

また、普段しているようなブラジャーにはワイヤーが入っているのもが多くみられます。
和装の時にそのようなブラジャーを使うとワイヤーの部分を締め付けることになり、その部分が痛くなることがあります。
そのうえ、ブラジャーをしていると胸元から着崩れることもありますので、外しておく必要があるのです。

その他にも普通のブラジャーでは、帯が胸の真下にきますので、
動きに合わせてブラジャーが押され、紐が肩からずれやすくなってしまいます。
振袖の場合には胸元がしっかりと合わせられていますので、肩からずり落ちてしまった紐を引き上げることは難しいのです。

ブラジャーを着けたいときには?

和装の時にはブラジャーをつけないということは知っていても、
普段からブラジャーをつけ慣れている世代にはブラジャーをしないことに抵抗がある人もいるでしょう。
そういった場合には、和装ブラジャーを着用するのがおすすめです。

和装ブラジャーは一般的なブラジャーと違って胸をきれいに押さえつけ、
着物を着た際になだらかなカーブになるように整えてくれます。
ただ、単に胸を押しつぶすのではなく、デコルテから肉付けをするイメージで整えていくのが特徴です。
特に胸の大きい人が着物を着ると胸が強調されてしまうので、
きれいに押さえつけることで胸の大きさがカバーできるようになります。
また、帯の上に胸が乗っかってしまうと老けて見えることもあります。
さらに、胸が横に広がってしまうと太って見えることもあるのです。
このように、胸の形ひとつで着物姿の美しさが変わりますので、和装ブラジャーで胸をきちんと押さえる必要があるのです。

それに加えて、和装ブラジャーというのはつけていても苦しくなることはありませんので、楽に着用できるとも言えます。
和装ブラジャーをつけていても着崩れすることもありませんので、非常に安心です。

もし和装ブラジャーがない場合には、タオルなどで胸を平らに補正する必要があります。
この際には着付けをお願いした人の前でブラジャーを外し、補正してもらうのが一般的な方法ですが、
恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。
その点、和装ブラジャーがあれば胸を見られることもありませんので、非常に便利なアイテムであると言えます。

こんな和装用インナーも便利

着物を着慣れていない場合には、着物のように前で合わせる肌襦袢と、
腰に結びつける裾よけを着用しづらいと感じる人もいるでしょう。
そんなときは和装インナーを選ぶと便利です。

和装インナーというのは、肌襦袢と長襦袢があらかじめ合わせられているタイプのもので、
スリップタイプが多くみられます。
通常のスリップと同じように上から着るだけですので、着やすいことから人気があります。
短めの裾よけがついているものであると、和装に慣れない人でも裾裁きが楽に行え、歩きやすいと言えるでしょう。
また、洗濯もしやすいことから、お手入れしやすい和装用下着としても知られています。
さらに着物を着る際には体のラインを補正しますが、
和装インナーはあらかじめ必要な個所が補正されていますので、補正の必要もありません。
それでいて締め付けられる感じもありませんので、非常に快適です。

成人式の様な寒い時期には袖のあるインナーを選ぶという方法もあります。
振袖は袖口から風が入ってきやすいため、袖のあるインナーは暖かさを保つことができます。

寒いときにはどうしたらいい?

袴の場合にはブーツで足元を温めることができますが、振袖は草履を合わせますので、
裾から風が入りやすいことからどうしても足元が冷えてしまいがちです。
ストッキングをはいて少しでも暖かく保てないかと考える人も多くみられますが、
普通のストッキングは親指と人差し指が分かれていませんので、草履が履きにくくなってしまいます。
そんなときには和装用のストッキングを選ぶという方法があります。
和装用のストッキングというのは、ひざから足首までのものが一般的で、足袋を邪魔することがありません。
ただ、足先が冷えて困るという場合には、親指と人差し指の部分が分かれ、
お腹からつま先まで温める和装用のパンストもあります。
パンストを履いた上に足袋が履けますのでさらに暖かくなります。
また、5本指のパンストなども売られていますので、そういったもので代用することもできます。

しかしながら成人式の会場内は空調でしっかりと温められていることが多いため、
パンストタイプを選んでしまうと暑く感じた時でも脱ぎづらいとも言えます。
汗をかいてしまうと、せっかくの振袖を汚してしまう可能性もありますので、
暑くなっときでも脱ぎやすい膝から足首までの和装ストッキングを選ぶのがおすすめです。

自分に合った和装下着を選ぶ

成人式で振袖を着る際には、振袖を汚してしまわないためにも和装下着を着る必要があります。
ただ、一般的な和装下着は、普段から着物を着慣れていないとトイレに行きにくいと感じることもありますので、
自分が着やすいものを選ぶといいでしょう。

近年ではスリップタイプで簡単に着られ、裾さばきもしやすい和装インナーも販売されていますので
チェックしてみるのがおすすめです。

あまり着慣れていないものを選んでしまうと、せっかくの成人式を楽しめないことも考えられます。
自分に合った和装下着を選び、一生に一度の成人式を思い出に残る一日にしましょう。

◆振袖ショップの口コミ情報サイトMy振袖ドットコムはこちらへ◆

あなたのための振袖探し「My振袖」