人と差をつける振袖の着こなし!帯揚げアレンジ

着物を着る機会が少ない中、成人式では華やかに振袖を着こなしてみたいと考えている人は多いでしょう。
どうせ着るなら、個性の光るおしゃれな着こなしがしたいですよね。
それには、振袖だけでなく小物にこだわることも大切です。
そこで、人と差をつける帯揚げのアレンジをご紹介しましょう。

アレンジ帯揚げ

           あなたのための振袖選び「My振袖」

帯揚げの役割を知っておこう

着物は洋服のようにボタンやジッパーはついていないので、帯や紐を駆使して着用します。
帯揚げは、帯を着用する時に使用するお太鼓枕やその紐を隠すため、また着物のアクセントとして活躍するアイテムです。
帯の脇から正面にかけての部分を華麗に彩り、上品さや可憐さを演出してくれます。
振袖と合わせる帯揚げは他の着物よりもより華やかなものが選ばれ、
振袖の美しさを引き立てるためにバラエティに富んだアレンジが施されます。
帯と着物間に位置し、センスアップには欠かせないアイテムです。

           あなたのための振袖選び「My振袖」

帯揚げには種類がある

帯揚げには色々な種類があり、着用するシーンや季節に合わせてカジュアル用とフォーマル用を使い分けます。
代表的な種類としては、縮緬、綸子、部分絞り、絽目があるので、それぞれの特徴についてご説明しましょう。

縮緬は表面がデコボコした生地で、重量感もありしっかりとした質感が特徴です。
小紋、紬、ウール、化繊などのおしゃれ着に合わせます。

綸子は表面がツルツルとした生地で、縮緬より軽やかな印象で春や秋に多用されるフォーマル用の帯揚げです。

部分絞りは背中の部分以外はくしゅくしゅとした絞りが施され、着用時には絞りの部分だけが見えるのが特徴です。
染め書きと併用された凝ったタイプのものもあり、小紋や紬などのおしゃれ着のほか振袖にもよく使われます。

絽目は隙間のある涼しげな生地で、主に夏のおしゃれ着に使用されます。
また、夏にぴったりの帯揚げとしては、紗やレースなどもおすすめです。

薄い色目のものは式典などのフォーマルな場に、濃い色目のものはおしゃれ着用に使用されるのが一般的です。
第一正装として用いられるのは白の帯揚げと相場が決まっていますが、
近年はさらに金糸銀糸を織り込んだゴージャスなものもあります。

優しい雰囲気に見せたいときは着物の中で一番薄い色と同じ色を選び、
粋な装いにしたい場合は着物や帯と対極の色を選ぶのもありです。

帯揚げの基本的な結び方とは?

帯揚げには基本的な結び方のほかに、センスアップが図れる色々な結び方がありますが、
まずは普段使いから礼装にまで活用できる基本の結び方をマスターするのが良いでしょう。

帯揚げ見本1

(ふりそで美女ギャラリーより)

基本の結び方の手順

  1. 中心を背中の帯枕にかけ、脇から前に回し帯揚げの左右の長さを均等にします。
    帯揚げを広げ左右共に下から綺麗に三つ折りにして、左が上になるように重ねてからその左側の帯揚げを下から上に通して一結びします。
    三つ折りを崩さないように上側が平らになるよう結び目を整えましょう。
  2. 下に垂れ下がっている方の帯揚げを帯と並行に折り曲げて輪っかを作ります。
    その時、折り目が崩れないように注意しましょう。
  3. 上から下ろした方の端を輪っかの中に通します。
    左右に引っ張り一結びしますが、強く引っ張りすぎるとバランスが悪くなります。
  4. 左手の人差し指を輪の中に差し込み、円を描くようにしながら結び目を俵型に整えます。
    結び目と帯揚げの両端を帯と着物の間に入れ込み、見えている部分を綺麗に整えましょう。
  5. 左右も帯揚げがかからないように脇まで入れ込んだら完成です。

帯揚げを綺麗に結ぶには、帯枕をぎゅっと締めて結んだ後は、帯の奥にしっかり入れ込むのがコツとなります。
そうすることにより、帯枕がしっかりとフィットして気崩れを防ぐ上、
帯揚げの余った部分をしまうスペースを確保できます。
また、結び目をふっくらと仕上げたい場合は、
余った帯揚げは帯の中にしまわずに帯の上線にある帯揚げの中に詰めると良いでしょう。

どうしてもうまく結べないという時は、1回しか結ばないという究極に簡単な方法もあります。

  1. 基本の結び方と同様に左が上になるように重ね、左側の帯揚げを下から上に通して一結びします。
  2. 下に垂れ下がっている方の帯揚げを帯の中に入れます。
  3. 上に残った方を好きな幅に畳み直します。
    完璧に畳む必要はなく、結び目から5センチから10センチの範囲さえきれいであればOKです。
  4. そのままの状態で帯揚げの端に近い方を帯の中に入れ込みます。
  5. 結び目を包むような要領で、結び目に近い方の帯揚げを着物と帯揚げの間におさめて完成です。

不器用さんでも簡単にできるので試してみましょう。

振袖に多いかもめ結び

基本の結び方をマスターした後は、振袖に生えるかもめ結びを習得しましょう。
かもめ結びは、まるで飛んでいるかもめの羽のような美しく弧を描いたスタイルが印象的な結び方です。
上品で洗練された結び方ですが、上下の側を気にせずに結べるため初心者でも簡単にできるのでおすすめです。

かもめ結び

(ふりそで美女ギャラリーより)

かもめ結びの手順

  1. 脇から出た布地をいったん広げ帯の中心までの長さを決めたら、そのポイントを支点として帯揚げを内側へと折り畳みます。
    そして両手を耳に持ち替えて三つ折りにします。
  2. さらに、正面から見て二段になるように下から上へ向かって折り上げ、帯の中に入れ込みます。
    反対側も同じようにし、左右両方がキレイな弧を描くように帯の中心で重ね、綺麗に形を整えたら完成です。

バラをかたどったアレンジ

帯揚げのゴージャスなアレンジとしては、バラをかたどったスタイルがあります。
とても簡単なのに技ありスタイルに見えるので、振袖に華やかさをプラスしたい時にぴったりです。
成人式らしい、若々しくキュートな帯揚げのアレンジです。

バラをかたどったアレンジの手順

  1. 帯揚げを右脇から左脇へ真一文字に渡し、左脇で帯の中に入れ込みます。
    帯の上線を隠すように平行に入れ込むのがコツです。
  2. 右側の帯揚げを左脇に入れ込んだら左側の帯揚げを右脇へと渡し、右から左へ渡した方と同じ高さになるようにします。
  3. 左脇から右脇へと渡した上前側の帯揚げを流れに逆らい巻き付け、
    帯揚げの先を底枯れ見えるように留め、底の部分を着物と帯の間に挟みます。
  4. 3の工程で作った花を着物と帯の間に挟み固定すると完成です。

基本のバラさえ覚えてしまえば、ねじったり、バラの花を2つに増やしたり、
花びらを増やすなど、更なるアレンジが可能になります。
自分だけのアレンジを考えてみるのも良いでしょう。

帯揚げアレンジで個性的に

帯揚げは、色や素材、結び方にこだわると同じ着物でもまるで違った印象に見えるほどのアクセントとなります。
振袖の柄に合わせた古典的な柄のもの、近代的なレースやグリッターを使ったものなどで、
個性を表現するのもよいでしょう。
結び慣れていない初心者は、縮緬や絞りなどしわが目立たない素材を選ぶと、
しわを気にせず何度も結び直すことができますよ。

帯揚げは結び方も、このように結ばなければいけないという厳格な決まりはなく、自由にアレンジできるのが魅力です。
カモメ結びやバラ結びのほか、リボン結びやいりく結び、一文字など色々なアレンジがあります。
振袖のイメージに合わせた結び方にすると素敵ですよ。

特に着物を着慣れていない人は、振袖を着るとなるとなかなか小物にまでは気が回りません。
しかし、帯揚げにまでこだわった着こなしにすると、おのずと振袖もグレードアップするのです。
振袖の色や柄にこだわるのは大事ですが、それに合わせた素敵な帯揚げを選ぶことも大事だということを念頭に置き、
バランスの取れたコーディネートを心掛けましょう。

◆My振袖ドットコム〜あなたのための振袖探し〜◆

あなたのための振袖探し「My振袖」