振袖の着付けはどうする?ヘアメイクや写真は?

成人式では、多くの女性が振袖を着付けます。
「振袖の着付けとはどのようなものか」「自分で着付けることができるのか」
「プロに頼むべきなのか」などの疑問を持っている方もいるでしょう。
そのような疑問を解消しつつ、ヘアメイクや写真撮影に関することから、
振袖の着付けに必要な小物に関することまで解説します。

振袖の女性二人

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

成人式にかかる準備は何がある?

女性が成人式で振袖を着付ける場合、いろいろと準備しておくことが必要です。

まず振袖を購入する場合は、事前に呉服店などに相談する必要があるでしょう。
呉服店では、反物から選びます。
そして専門の人に依頼して振袖に仕立ててもらうのです。
また振袖だけ購入しても着付けることはできません
帯や草履、バッグや襦袢など、着付けに必要な小物一式も揃える必要があります。

振袖をレンタルする場合は、着物レンタルショップへ事前に相談に行く必要があるでしょう。
着物の専門家であるショップ店員と相談しつつ、自分好みの振袖や帯をコーディネートします。
振袖をレンタルする場合は、着付けに必要な付属品がセットとしてついてくる場合が多いので、
初めて振袖を着付ける人でも安心できるでしょう。

反物を購入してから振袖に仕立てる場合と比べたら、レンタルする方が費用を安く抑えられます。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

成人式の着付けは自分でもできる?

成人式の着付けを自分でやってみたいと考える人もいるかもしれません。
一般的に着物を着付けるためには、専門技術が必要です。
浴衣であれば着付けも単純なので、たとえ着付けの素人だとしても、
Webサイトや動画の説明を見ながら着付けられるでしょう。

しかし振袖の着付けはとても難しく、プロの着付け師でも、二人以上で着付ける場合があるほどです。
そのため着付けの経験がない人が、振袖の着付けをすることは難しいでしょう。
着付けの経験がある人であれば、自分で振袖を着付けることはできるかもしれません。

自分で着物を着付ける場合、お太鼓結びのようなシンプルなものは、手を後ろに回して結ぶことができるかもしれません。
しかし飾り結びをする場合は、前で結んでから後ろにまわして形を整える方法が一般的です。

振袖の帯結びは、華やかで吉祥を表現したものが多く、使う帯も長いものをよく使います。
着付けの経験者であっても振袖の帯結びをひとりで結ぶことは難しいでしょう。
友人や身内に経験者がいれば、サポートをお願いしたほうが無難だと言えます。

また、もし自分で着付けることができたとしても、
ヘアセットやメイクアップ、写真撮影などは別途予約をする必要があるので覚えておきましょう。

振袖を美容室で着付けてもらうには?

成人式当日の朝に、住まいや式場から近い美容室を予約して、振袖を着付けてもらうことは一般的です。
自分の振袖がある場合は、事前に美容室へ持ち込むことになるでしょう。
また、着物レンタルショップからレンタルした振袖がある場合も、事前に美容室へ届くように手配しなければなりません。

美容室で着付けをするメリットは、その場でヘアセットやメイクアップもできることです。
着付け料金の相場は8000〜1万円前後、ヘアセット料金の相場は3000〜6000円前後、
メイクアップ料金の相場は5000円前後ですが、これらの価格は美容室によって異なります。
着付けだけ、ヘアセットだけという要望がある場合でも、美容室によっては対応してもらえるかもしれません。

また成人式の当日には、記念写真を撮影することもありますが、
プロに頼む場合は別途写真館などへ予約を入れておく必要があります。
美容室での着付け時間などを考慮して予約をとるようにしましょう。

レンタルなら着付けもセットの場合が多い

振袖をレンタルする場合、着物レンタルショップによっては
着付けやヘアセット、メイクアップ、写真や動画の撮影まで依頼できます。
すべてをワンストップで手配できるので、面倒がないのが大きなメリットだといえるでしょう。

成人式は着物レンタルショップにとって一年で一番の稼ぎ時。
そのため大きな会場を用意して、多くの着付け師も手配する傾向があります。
早朝から午前中いっぱいまでは、ひっきりなしに振袖の着付けが行われている状態です。
そのような着付け会場では、ヘアセットやメイクアップをするエリアが確保されていることが一般的です。
さらに写真撮影できるスタジオまで完備されていることもあるでしょう。
当日は、新成人はもちろん、付き添いの両親も一緒になって、会場中を移動することになるのです。

また着物レンタルショップでは、前撮り撮影を実施している店舗もあります。
前撮り撮影では、成人式当日に着る振袖とは別の振袖をレンタルできたり、
洋装のドレスを選べたりする場合もあるでしょう。
成人式当日はバタバタと忙しいもの。
事前に落ち着いて写真撮影をすることで、良い写真を残してはいかがでしょうか。

振袖の着付けに必要な小物は?

振袖を着付けるためには、さまざまな小物が必要です。
着物レンタルショップでは、これらの小物がフルセットでついてくる場合が多いですが、
ショップによって内容が異なることもあります。
そのため事前に確認しておくとよいでしょう。

まず振袖を選ぶことからはじまります。
好みの柄や色を基準として、自分に似合う振袖を選んでください。

半襟とは、長襦袢に縫い付ける布のことを指します。
成人式の振袖の場合、白半襟が一般的とされていますが、場合によっては刺繍が施されたものや柄物でもよいでしょう。

重ね衿とは、振袖の襟の内側につける飾り襟のことです。
伊達襟と呼ぶ場合もあります。
重ね衿を選ぶ時には、振袖と似ている色を選ぶと統一感が生まれてマッチするでしょう。
また逆に、差し色として正反対の色の重ね衿を選ぶこともあります。

帯揚げとは、帯からはみ出すように差し込む薄手の布のことです。
総絞りの帯揚げをコーディネートすることで、華やかさを演出できます。

帯締めは帯の上で締める紐のことです。
振袖に合わせるときは太めの帯締めを選ぶと良いでしょう。
華やかさを演出したいならカラフルな帯締めを、
古典的な振袖姿にしたいなら金銀糸の入った平組がおすすめです。

袋帯は振袖と同じくらい重要なアイテム。
振袖とあわせる時には金銀糸の入った華やかなものを選ぶと良いでしょう。
袋帯の結び方は様々ありますが、成人式の振袖の場合、より華やかな変わり結びが好まれます。

髪飾りはいろいろな種類があるので迷ってしまいがちです。
大きな花をモチーフにした髪飾りが定番として好まれています。
また、小さい花が複数まとまっている髪飾りも可愛らしくて人気です。
和の要素を強調したい場合は、かんざし風の髪飾りをおすすめします。

草履とバッグはセットになっているものを選ぶと統一感が出るのでコーディネートしやすいでしょう。
草履のなかには、かかとが高い厚底草履や、ストーンを散りばめた高級路線の草履もあります。
好みで選ぶと良いでしょう。

ショールとは、振袖姿の肩にふわりとかけるものです。
成人式での定番アイテムとして、多くの女性から好まれています。
ショールやコートは式典では身につけないものなので、気をつけましょう。

また、自分で用意したほうがいい小物もあります。

肌襦袢や裾よけは、上下が一枚になっているタイプやワンピースタイプなどいろいろな種類があります。
そのため、自分が着やすいものを選ぶと良いでしょう。

腰紐はショップで貸し出してくれる場合もありますが、
着崩れしないようにしっかりと着付けたい場合は、余分に持参すると安心できます。

足袋とは、和装における靴下のようなもの。
洗濯してあるとはいえ、他人が履いたものに抵抗がある場合は、用意していくと良いでしょう。

また、成人式が行われる時期は寒い場合が多いので、
必要な場合は着物用ストッキングを履いていくことをおすすめします。

着付けは慣れているところにお願いする

成人式当日は、時間もあまりないため終始バタバタと忙しくなるでしょう。
そのため着付けやヘアセット、メイクアップ、写真撮影などは一箇所でできる方が楽なのでおすすめです。
また、着付けに慣れているショップや美容室であれば、
帯結びのバリエーションにも期待できるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

人生で一度しかない成人式を素晴らしいものとするため、事前の準備をしっかりして、万全の体制で当日を迎えてください。

◆延べ10万人のハタチが使った!成人式の振袖探しはMy振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」