イギリス王室のスキャンダル、消費税増税……1997年の出来事―政治・社会編―


こんにちは、マイコです。
今年はあまり残暑に苦しめられることなく、秋を堪能できそうですね。
近年は、春・秋がどんどん短くなっている気がしますが、
久々に長く秋を楽しめそうです♪

さて、毎年秋頃に掲載している“20年前の出来事”編。
来年成人式を迎える皆さんが生まれた1997年はどんな年だったのでしょうか?
まずは政治・社会面から見てみましょう。

◆ダイアナ元皇太子妃死去(8月31日)

チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚
COSMOPOLITANの記事より。チャールズ皇太子とダイアナ元妃の結婚パレードの様子)

現在もイギリス王室の王位継承順位第1位である
チャールズ皇太子の元妃・ダイアナさんが、1997年8月31日に亡くなられました。
チャールズ皇太子とダイアナ妃は、前年の1996年に離婚しています。
今年、ダイアナ元妃の没後20年ということで再び脚光を浴び、
イギリス王室のスキャンダルが様々な形で暴露されています。
チャールズ皇太子とダイアナ妃は、1981年7月に
世界中が憧れるロイヤル・ウェディングを挙げました。
しかし、皇太子の長年の愛人問題などからいつしか冷戦状態となり、
別居期間を経て1996年に離婚してしまいます。
ダイアナ元妃は、チャールズ皇太子との結婚前からずっと
加熱するマスコミに追い掛け回される生活を送っていて、
離婚報道で収まるどころか火に油を注ぐ状況になってしまいます。
セレブのプライベートを執拗に狙う“パパラッチ”という言葉が広まったのも、
ダイアナ元妃の報道に端を発しています。
そして離婚の翌年の1997年、パパラッチとのカーチェイスの結果、
交通事故で重傷を負い、そのまま亡くなってしまいました。
当時、イギリス王室のスキャンダル、及びダイアナ元妃の事故死は
日本でも大きく報道され、連日ワイドショーを賑わせています。
イギリスは質実剛健なお国柄と言われますが、
愛のために王位を弟に譲るという「王冠を賭けた恋」で有名なエドワード8世をはじめ、
王室の恋愛スキャンダルは結構たくさんありますよ。

 

◆消費税が3%→5%に!

消費税イメージ

3年前に消費税が5%から8%に上がったのは皆さんも記憶に新しいと思います。
が!20年前、1997年の4月1日にも3%から5%へと、
2%引き上げられていたのでした。
この消費税の引き上げって、地味にキツイですよねぇ……。
まだ多くの方が学生である皆さんも容赦なく払わされることになるわけで、
お洋服なんかを買った時に「え、こんなに違うの?」って、
びっくりしたこともあるかと思います。
マイコは、5%の消費税は計算がしやすくて良かったなー、と思っています。
8%って、計算が苦手なマイコは暗算できないよ!

 

◆香港がイギリスから中国に返還

香港

「え、香港って最初から中国じゃなかったの!?」

って思ったそこのアナタ!
世界史の授業をよく思い出して下さいね。
1839年に当時の中国王朝=清朝とイギリスとの間で“アヘン戦争”が勃発。
当時、イギリスが清朝を敗戦に追いやったことは、
開国直前の日本にも大きな衝撃を与えました。
講和条約(南京条約)で、香港島をイギリスに永久割譲することが取り決められ、
以来、香港はイギリスの植民地となっていたのでした。
その後、アロー戦争を経て“九龍半島”もイギリスに植民地化され、
1898年に結んだ「展拓香港界址専条」により、“新界”も含めた3地域を
「99年間イギリスに租借」することが定められます。

マイコは、当時の人にとって「99年」というのは、
ほぼ“永遠”と同義語だったのではないかと思います。
だって、南京条約では“永久割譲”とされていたものを、
“99年間の租借”とするんですから。
永遠とまではいかずとも、途方もなく先のことだと思っていたはず。
しかし、その間、二度の対戦を経て世界の情勢は様変わりしました。
“植民地”なんて、過去の遺物だという認識が強くなり、
時代遅れだという国際世論の流れもあって、
イギリスとしては約束通り返還しないわけにはいかなくなったと思います。
そしてきっかり99年後の1997年7月1日に、
香港の主権はイギリスから中華人民共和国に返還されました。

以前の香港は、約150年に亘りイギリス統治下にあったこともあり、
文化的には社会主義国家である中国よりは、自由主義の欧米に近い風土だったそうです。
マイコは、香港在住の方と話す機会があり、
返還前と返還後の違いについて聞いてみましたが、
現在は特別行政区となっているとはいえ、やはり返還前とは違うと話していました。
欧米的な文化を好む香港人が、
返還前にイギリス連邦内のカナダやオーストラリアに移住するケースも多かったようです。

というわけで、1997年の出来事、主なものを3つ取り上げてみました。
改めて振り返ってみると、20年という時の流れは大きいですよね。
今回は政治・社会と真面目な話題を取り上げましたが、
もう一回、どこかで“エンタメ編”も書く予定なので、
楽しみにお待ち下さいね♪

◆振袖探しはお早めに!My振袖ドットコム◆

My振袖

コメントは受け付けていません。

お祝い金がもらえる振袖ショップクチコミサイトはこちら
写真だけの成人式
  • 最近の投稿

  • 過去の記事

  • タグ

  • 運営サイト

    このページの先頭へ戻る