侮れないカフェイン中毒!“適量”ってどのくらい?


こんにちは、マイコです!
暑くなってきましたね。
マイコは、ランチ後にほぼ毎日コーヒーを飲んでいるのですが、
最近“カフェイン中毒で死亡”というニュースがちょくちょく見られるようになって、
コーヒー・紅茶大好き!大のカフェイン党のマイコはちょっとビビっています(^0^;)
一体“適量”ってどのくらいなのでしょうか?
というわけで調べてみました!

コーヒーとミル

◆“適量”は人によって違う!

健康な成人の1日のカフェイン適正量は400mgまでとされています。
一方で、欧州食品安全機関は体重別の数値を出していて、
1回に3mg/kgまで、1日5.7mg/kg と発表しています。
つまり、体重が40kgの人と50kgの人では、
カフェインの適正量は1日あたり57mgも異なるということ!
小柄な方は特に注意ですね。

この場合の“成人”というのは、“20歳以上”という意味ではなく、
身体的に成人と同等か、ということなので、
My振袖女子の皆さんはまだハタチを迎えていなくても、
ここでは“成人”という扱いで良いかと思います。
実際、中学生くらいからご家庭でコーヒーが解禁になっていったんじゃないかな?
特に女性は、中学生くらいまでに身長はほぼ伸び切ってしまう人が多いですからね。

また、同じ体重でも、体質によって適正量は変わってきます。
マイコの友達は、普通体型ですが、
「コーヒー飲むとドキドキする(動悸がする)」とのことで、
コーヒーが飲めないそう。
普段は大丈夫でも、体調が悪い時は反応が過大になることもあります。
飲んだ時にあれ?って思ったら、
くれぐれも無理して飲まないようにしましょうね!

 

◆カフェインを含むものって?

それでは、カフェインは何にどのくらい含まれているのでしょうか?

●ドリップコーヒー(200ml)・・・90mg~100mg
●紅茶(200ml)・・・40mg~60mg
●緑茶(200ml)・・・40mg~60mg

この辺は「カフェインの入っている飲み物」として一般的なものですよね。
体重40kgの人の場合、1回の適正摂取量は120mgなので、
下手するとコーヒー1杯でオーバーしてしまいます。
“緑茶”に関しては色々種類があるのですが、

●玉露(200ml)・・・320mg

と、玉露に関してはなんとコーヒーより含有量が多い!
但し、紅茶・緑茶も含めお茶の場合は、
お茶に含まれる“タンニン”がカフェインと結合するため、
コーヒーよりもカフェインの影響は少ないそうです。
確かにマイコも、夜遅くコーヒーを飲むと眠れないことがあるけれど、
紅茶ならそんなこともないんですよね。
他、意外なものにも実はカフェインが含まれているのはご存知でしょうか?

●コーラ(350ml)・・・15mg~40mg
●ミルクチョコレート(100g)・・・20mg~40mg
●高カカオチョコレート(100g)・・・68~120mg

コーラっていうのは、マイコ知りませんでした。
マイコはコーラがあまり好きではないのでほとんど飲まないのですが、
お子様でもよく飲んでいたりするのでちょっとびっくりです。
またチョコレートもよくコーヒーのお茶うけにしたりしますよね。

 

◆コーヒーやお茶で急性カフェイン中毒になることは稀

カフェインには適正量の他に“危険な量”も発表されています。
体重40kgの場合、1時間以内に260mg以上摂取で発症の可能性があり、
3時間以内に680mg以上摂取すると急性症状が出るそうです。
コーヒーは抽出の濃度にもよるのですが、
仮に1杯(200ml)のコーヒーに100mgカフェインが含まれているとすると、
1時間で2〜3杯、3時間で6〜7杯飲まないと発症しないですよね。
致死量になると8gなので、コーヒー80杯を短時間に摂取する計算になり、
まあ、普通に考えたらありえません。
カフェイン耐性が低い方は別として、
普通にしてたらコーヒーや紅茶の飲み過ぎで死ぬことはほぼないってことですよね。
では何故、カフェイン中毒で亡くなるというニュースが最近あとを絶たないのか……。

 

◆エナジードリンク、カフェインの錠剤!

亡くなった人のほとんどは、「エナジードリンク」「カフェインの錠剤」
短時間に大量に摂取したために亡くなっているんですね。
皆さんも、受験勉強で遅くまで起きてなくてはいけない時とか、
夜勤のバイトの日などに飲んだことがあるかも?

エナジードリンクや栄養ドリンクは、1本で100mg〜200mg、
カフェインの錠剤だと1回分で200mgのカフェインを一度に摂取できてしまいます。
200mlのコーヒーを一気飲みする人はあまりいないと思いますが、
栄養ドリンクは1本あたり30ml〜50mlくらいなので、
一瞬で飲んでしまう人もいるでしょう。
報道されている内容を見ると、カフェイン錠剤とエナジードリンクを一度に摂取した後に
具合が悪くなって救急車で運ばれているようです。
この手の錠剤やドリンクが普及してきたからこそ、
最近増えている事故……ということだったのです。

 

カフェインには覚醒作用や脂肪燃焼作用があり、
上手く使えば効果的な一面もありますね。
食後に飲むと胃酸の分泌を促し、消化を促進します。
一方カフェイン依存症になってしまうと、
頭痛や貧血、胃痛などの症状が現れます。
軽度の依存症なら一定期間カフェインを断つことですぐに改善しますので、
早めに対処したいですね!

◆成人式に向けた振袖探しはMy振袖ドットコムへ◆

My振袖

コメントは受け付けていません。

お祝い金がもらえる振袖ショップクチコミサイトはこちら
写真だけの成人式
  • 最近の投稿

  • 過去の記事

  • タグ

  • 運営サイト

    このページの先頭へ戻る