野球に詳しくなくてもOK!プロ野球観戦に行ってみよう!!

こんにちは、舞子です。
先週末からかなり暑い日が続いていますね。
毎日のようにたくさんの方が熱中症で搬送されているというニュースを目にします。
皆さんも、水分(と塩分)をこまめに摂って、
熱中症対策はしっかりしましょうね。

さて、今回はそんな灼熱の夏にオススメのレジャー?について。
今や、球場に足を運ぶのは男子だけじゃないんです!

 

◆今、野球がかなり熱い!!

昨年、流行語大賞にカープファンの女性を指す「カープ女子」がノミネートされて、
年間トップ10に選ばれました。
また、今年3月、首都圏に本拠地を置くプロ野球球団(千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズの5球団)で、
首都圏5球団共同事業 野球女子“倍増”プロジェクト」がスタートしました。
このように、今、若い女性の間で野球への興味、関心がぐんぐん上昇しています。

こんな風に話題になっていると、
『わたし、野球のルールって全く知らないんだよね。
でも、実際に球場へ行って応援してみたいな。』と思いますよね。

そこで、今回のテーマは
「野球に詳しくなくてもOK!まずは、野球観戦に行ってみよう!!」です。

 

◆野球観戦に行く前に、応援グッズを揃えよう!

まずは、見た目から入りましょう!
何か一つでも自分の応援するチームのグッズを身に付けていれば、
「わたしは○○ファンですよ」という、無言のアピールになります。
堂々としていれば、野球観戦デビューには見えないかも・・・。

いちばん、わかりやすいのがユニフォームですね。
選手の名前と背番号が入っています。
しかし、どの球団でも、ユニフォームは結構高額なんですよね。

そこで、野球観戦初心者さんにオススメ!
応援グッズマストアイテム、Best3をご紹介します。

第一位:ジェット風船
7回裏の攻撃前に、各球団の応援歌が終わったら一斉に飛ばします。
「よしっ!今から気合い入れて応援するぞ!」という、ファンの間の団結感、一体感が感じられます。
特に、セリーグの広島東洋カープや阪神タイガースは有名ですね。
値段は、200~500円程度とお手頃です。
ただし、球場内で販売されているものは値段が高いので、あらかじめ買っておく方がいいでしょう。

ジェット風船

第二位:メガホン
もし、持っていなくても手拍子でOKです。
が、ガツンガツンと鳴らして盛り上がるためにはあった方がいいかなと思います。
わりと大きくてかさばるので、細くてスリムなカンフーバットが持ち歩きには便利です。

第三位:タオル
汗ふき用、日焼け防止のために、タオルは必ず持って行った方がいいと思います。
首からかけられる長さの、マフラータオルが便利ですよ。
好きな選手の名前やイラスト入り、球団マスコットのものなど、
女子が持っていても全く違和感のない、可愛いデザインもたくさん販売されています。

番外編:チケットフォルダー
スタジアムによって異なりますが、
トイレや売店にいく時など、自分の座席を離れる時がありますよね。
元の席に戻るときには、自分のチケットを係員に見せないと入れてもらえない場合があります。
そこで、便利なのがチケットフォルダーです。
座席ナンバーが書いてあるチケットの半券を入れて首からかけておくと、
その都度ポケットやカバンの中から探して取り出さなくてもいいのでおすすめです。

 

★野球好きな男子を巻きこもう!~野球観戦デートに誘っちゃおう~

『球場へ行ってみたいけど、初めてだからちょっと不安・・・。』
そんなときは、男子に声をかけて、一緒に行くのがベストです。

最近では、サッカーやバスケットボールも人気がありますが、男子にとって野球は別格です。
好きな球団があるのはもちろん、少なくとも野球のルールは大概知っていると思いますよ。

「野球観戦に行ってみたいんだ。よかったら、一緒に見に行かない?」と、
ストレートに誘ってみましょう。
気になる特定の相手がいるならば1対1のデートで、
みんなでわいわい盛り上がりたいならば、サークル仲間や同僚とにぎやかに応援するのも楽しいですよ。

 

いかがでしたか。
可愛い応援グッズを揃えて、野球観戦を行く計画を立てるだけでも、
なんだか、楽しくなってきますよね。

野球について、最初から詳しくなくても気にしなくていいんです。
『あの選手、超カッコイイかも~♪』と、
キャーキャーときめくところから始まったって、いいんです。
『とりあえず、この野球ブームの波に乗っかってみようかなぁ』という、
ミーハー気分で始まったって、いいんです。

野球観戦に行ってみると、
また新たに『野球って、なんか楽しい♪』と思えることが、きっと見つかりますよ。

まずは、球場に足を運んで、
生ビールやコーラを片手に、大きな声を出して応援してみましょう。
素敵な人と、仲良しのメンバーと、思いっきり野球観戦を楽しんで来てくださいね。
◆日本最大の振袖情報サイトMy振袖ドットコム◆

あなたのための振袖探し「My振袖」