成人年齢が18歳になる!?何が変わるの?

こんにちは、マイコです!
成人式から1ヶ月が経とうとしています。
一部の新成人を大混乱に陥れた「はれのひ騒動」も、
代表が記者会見を行い、お振袖を購入された方や、
ママ振袖を預けていた方への返却が始まっているようです。
被害に遭われた方で、来年以降の成人式の準備のやり直しや、
今年成人式の方でお写真の撮り直しをご希望の方は、
救済プランを用意されている店舗の一覧をまとめていますので、
下記より直接お店にご連絡ください。

◇株式会社はれのひ被害者の皆様へ◇

さて、今年の国会での改正を目指す、として昨年末から話題になっていたのが、
「成人年齢を18歳に引き下げる」というもの。
実際に18歳=成人となったら、何が変わるのか?
法案の内容をもとにまとめてみました。

新成人の男女

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

◆お酒・タバコ・ギャンブルは引き続き20歳から!

皆さんにとっても一番身近(?)で、日々の生活に関係ありそうなのがこちらですね。
成人年齢が18歳になっても、
お酒・タバコ・ギャンブルは変わらず「20歳になってから」とのことなので、
18歳の誕生日に浮かれてお酒飲んだりタバコ吸ったり、馬券を買ったりしないように!笑
お酒とタバコは、現行法でも「20歳未満」となっているのでそのままに、
ギャンブルは「未成年者」とされている表記を「20歳未満」に改めるそうです。
まあ、健康のためにもあまり早くからはおすすめできませんね。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

◆18歳で10年パスポートの取得が可能に!

現在、未成年者(20歳未満)は5年期限のパスポートしか取得できませんが、
18歳=成人となってからは、18歳以上なら10年パスポートを取れるようになります。
たくさん海外に行きたいなら、10年パスポートの方がお得ですしね♪
「未成年者は5年パスポート」の理由の一つは、
「子供は成長によりすぐ顔が変わるから」というのもありますよね。
仮に10歳で5年パスポートを取ったら5年後は15歳……。
かろうじて同一人物である証明はできそうですが、
パッと見の印象がパスポートの写真と大きく変わってしまう方もいると思います。
でも18歳と28歳では、10歳と15歳ほどの変化はないでしょうから、
10年パスポートを取得可能にする、というのは納得です。

◆親権者の同意のない契約

現在、20歳未満の方が何かの契約をする場合、
親権者の同意が必要となりますが、
これが18歳未満となり、2年早まります。
現状でも20歳〜22歳は消費者トラブルに遭いやすい年齢。
法的には成人なので通常の契約では解約がしづらく、
かと言って知識などはまだ未熟のため、悪徳業者に狙われやすいようです。
これが、18歳に引き下げられると、トラブルが増えることが予想されるので、
中学や高校での消費者教育の充実が求められています。
皆さんも怪しいと思ったら、既に成人している方も、
身近な年長者にまずは相談してくださいね!

◆国家試験の受験が可能に

医師や会計士の国家試験の受験資格は、
「未成年者は〜」という表記で変更の予定はないため、
成人年齢が18歳になればそのまま引き下げられる見通しです。
けれど、医師国家試験は医大を卒業しないと受験資格がないので、
飛び級制度などができないと「18歳の医師」が誕生することはないでしょう。
一方、公認会計士の受験資格には学歴要項がないので、
成人年齢引き下げ後、何年かで誕生する可能性はあります。
「18歳の公認会計士第1号」が誕生したらきっとニュースになるでしょうね。

◆結婚年齢も“男女ともに18歳以上”で統一

現在は、男性18歳以上、女性16歳以上とされている結婚可能年齢ですが、
成人年齢の引き下げと同時に「男女ともに18歳以上」に統一されるそうです。
今まで、男女で結婚可能年齢が違うのは差別ではないか?などの議論もありましので、
これを機に統一するようです。
現在、未成年者の結婚には親権者の同意が必要ですが、
18歳=成人となるので、結婚に親権者の同意は不要となります。

◆成人式はどうなるの!?

実は、一番混乱をきたすのではないかと危惧されているのがこの成人式。
18歳の年に行おうとすると大抵の人は大学受験と被ってしまい、
特に1月なんて成人式どころじゃないですよね。
また、どこかで20歳→18歳に変更すると、
その年の19歳・20歳の方々は成人式ができなくなってしまい、
そのため3年分の式典を一度にやろうとしても、
いつもの式典の3倍の人数を収容できる会場がない……など問題てんこ盛りです。

これはマイコの個人的な考えですが、
成人式は今まで通り“20歳になった年”に行うのでいいのではと思います。
というか、18歳で成人になってもほとんどの方はまだ学生ですし、
“大人の見習い”という感じで2年過ごして、
人によっては色々とイタイ思いもして、
改めて20歳で、
「大人としての自覚と、社会を構成する一員であるという責任を持ち、
年少者を教え導く立場であることを実感する」場として、
成人式を執り行うのがいいのではないでしょうか。
誰でもそうですが、ある年齢になったからといって急に大人になるわけではありませんからね。
法律上は成人となる誕生日から扱いが変わりますが、
自分自身がその立場に慣れるまでは、多少の時間がかかることもあると思います。

18歳=成人とする民法改正案は、今年の国会で法案提出を目指し、
成立後、少なくとも3年間の周知期間を設ける……とのことなので、
実際に“18歳新成人”が誕生するのは、早くても5年後くらいでしょうか。
今、このブログを読んでいる皆さんにはあんまり関係ないかも知れませんが、
既に18歳を迎えている皆さんは、「18歳で成人だったら……」とちょっと考えてみてくださいね♪

◆My振袖ドットコム〜あなたのための振袖探し〜◆

あなたのための振袖探し「My振袖」